「ほぼ毎日」利用するというヘビーユーザーも1.7ポイント増えており、各還元施策によるものと思われます。, さらに「増税を機にキャッシュレス決済を利用しはじめた」と回答した157人の方にも利用頻度を質問したところ、月数回・週1回・週2~3回が同数という結果に。10月から利用した方でも7.6%が「ほぼ毎日」と回答しています。, 続いて「増税を機にキャッシュレス決済を利用しはじめたが今は使っていない」と回答した38人を対象にその理由を選択してもらったところ、「使った金額が分かりづらい」が39.5%で最多、次に「お金を使いすぎそうで心配」が36.7%となっています。 https://insight.infcurion.com/business/japan-cashless-payment-2020 会社員(その他):128人(11.9%)

自由業:20人(1.9%) 会社員(技術系):151人(14.0%) その結果「PayPay」が37.6%で最も多く、「楽天ペイ」が24.2%、「LINE Pay」23.0%と続きます。一方、キャッシュレス決済利用層でも32.3%は「スマホ決済を利用したことがない」と回答しています。

キャッシュレス・ロードマップ 2019 《要約版》 2019年4月 ... へと推移しており、年平均成長率6.7%での上昇が認められる。 ... マスターカードの2016 年12 月調査によると、タッチ決済が利用できない店舗 … あなたはキャッシュレス派? それとも現金派? 商品の購入やサービスを利用した際の支払いを「クレジットカード」や「電子マネー」で行うことで、日常生活にほぼ現金を必要としない「キャッシュレス社 … 日本のキャッシュレス決済比率は約20%にとどまっているが、主要各国では40%~60%台。 キャッシュレス決済比率を2025年までに4割程度、将来的には世界最高水準の80%を目指す。 「成長戦略 … なお「クレジットカード」利用者(176人)のうち76.7%が「継続して利用する」と回答しており、この割合を引き上げる大きな要因となっています。 強みとする事業開発カンパニー。

男性:534人(49.7%) 会社員(事務系):170人(15.8%) 大きな差ではないものの、アプリを起動する必要がなく決済速度で有利と思われる「カード型電子マネー」や「交通系ICカード」「非接触型スマホ決済」よりも「PayPay」が支持されたのは意外です。, 最後に「最も利用する」と回答したキャッシュレス決済・スマホ決済でポイント還元などのキャンペーンが終了しても利用し続けるかとの質問には、63.0%の方が「継続して利用する」と回答しました。 40歳~49歳:205人(19.1%) 一部設問については2019年4月に実施したQRコード・バーコード決済に関するアンケート結果との比較もおこなっております。

よりスマートで安全なキャッシュレス社会の実現を目指します。, 前回記事「日本のキャッシュレス決済の状況」に続きまして今回も、当社独自の「決済動向調査」から一部を紹介します。過去に実施してかなりの関心を集…, 毎年3月に実施している「決済動向調査」と同じ形式で6月末に実施した「決済動向6月調査」の結果を紹介します。新型コロナ禍に伴う4月上旬の緊急事…, 10月の消費増税は、それに連動して始動した「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、キャッシュレス決済利用促進の一大イベントとなりました。…, インフキュリオン独自の「決済動向調査2020」から今回は、キャッシュレス決済をさらに広める上で超えるべきギャップについて考察します。「日本人…, 当社が毎年3月に実施している「決済動向調査」。4回目となった2018年3月の調査では、QRコード決済への消費者の態度、そして普及に向けたポイ…, 2020年3月時点のQRコード決済アプリの利用率は43%、2019年3月の12%から4倍近くに拡大、増大の幅は30ポイント以上, 個別サービスの利用率では楽天カード(40%)が首位、2位は交通系電子マネー(36%)、3位はPayPay(29%)、4位はWAON(21%)、5位はnanaco(19%), QRコード決済アプリ利用者の男女比は52:48、2019年3月の60:40という男性偏重の状況から大きく改善, QRコード決済アプリではPayPayが圧倒的首位、LINE Payは順位を落とした, 全ての性年齢階層でQRコード決済アプリの利用率が30%超、幅広く利用獲得している状況, QRコード決済利用におけるお金の出どころでは銀行口座チャージが国際ブランドカードを僅差で抑えてトップ. 自営業:47人(4.4%) つまり全体の半数以上が何らかのキャッシュレス決済を普段から利用しており、「現金」か「キャッシュレス決済」かでいうと現金の方が少ないのは驚きです。, 各支払い方法にほとんど男女差はありませんが、「カード型電子マネー(nanaco・楽天Edyなど)」と「コード型スマホ決済」では男性の利用割合が非常に高いものとなっています。, 年代別で支払い方法を見てみると、「現金」の利用率は20代~30代が他の年代よりもやや高く、「クレジットカード」の利用率は高齢層の方が高い傾向に。 ※本データのご利用条件はこちらをご確認ください。, ●普段の支払い方法に「現金」を使用するのは全体の約半数 4 当社がふさわしくないと判断した場合には、転載許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。, 【2021】今年も『スマホで写真年賀状』がデザイン数No.1! 短時間でこだわりの一枚を簡単作成, 「iPhone 12」シリーズに付けたいおすすめスマホケース13個 専門店スタッフが厳選, 最新機種「iPhone 11」に付けたいケースおすすめ10個 専門店スタッフが厳選, スマホでQRコードを読み取る簡単な方法 リーダーアプリ不要【Android/iPhone】, Appliv TOPICSは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, 『Music FM』利用実態アンケート! 7割以上が「使っている/使っていた」と回答, Amazon強し! 定額制動画配信サービスに関するアンケート 半数以上がプライム・ビデオを「最もよく利用する」, キャッシュレス決済の利用実態を調査 普段の支払いに現金を使用する人は約半数! 前回調査との比較も.   https://mag.app-liv.jp/archive/125154/ コード型スマホ決済の利用率が最も高いのは40代の7.8%ですが、コード型と非接触型を合わせたスマホ決済全体では、20代が11.3%で最もスマホ決済を利用していることになります。, 続いて「増税を機にキャッシュレス決済を利用しはじめたかどうか」の質問では、14.7%の方が「利用しはじめた」と回答。しかし3.5%の方は利用しはじめたものの既に使わなくなったと回答しています。 女性:541人(50.3%)

3 調査結果データについて、加工・改変は許可いたしません。 また全体の16.9%の方が、どのキャッシュレス決済も利用したことがないということが分かりました。, この回答を年代別に分けると、増税のタイミングでキャッシュレス決済を利用しはじめた方は20代に特に多いことが分かります。しかしキャッシュレス決済を利用したことがない方が最も多いのも20代です。, 前問で「以前からキャッシュレス決済を利用している」と回答した698人を対象に、増税前と増税後のキャッシュレス決済の利用頻度について質問したところ、増税後の方が利用頻度は増加しています。 Applivはアンケート調査サービスを通して無作為に選出された20代から70代までの男女1,075人を対象に、2019年10月11日から10月18日の期間でキャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査を実施いたしました。

60歳~79歳:218人(20.3%), 公務員:50人(4.7%) 2 出典元として、以下のURLへのリンクを設置してください。 結果は「クレジットカード」が63.5%で圧倒的に多く、「カード型電子マネー」19.1%、「交通系ICカード(Suica・PASMOなど)」11.5%と続きます。, 続いて何らかのスマホ決済・キャッシュレス決済を現在利用している855人を対象に、「最も利用している」キャッシュレス決済を使う理由を聞いたところ、「前から使っているから(25.5%)」「還元率が高いから(24.1%)」「素早く決済ができるから(20.4%)」が多く支持されました。, 「前から使っているから」と回答した人の中で最も利用されているキャッシュレス決済は「クレジットカード(46.3%)」で、「カード型電子マネー(9.6%)」「モバイルSuica(7.8%)」と続き、コード型スマホ決済が普及する以前からあるキャッシュレス決済が上位を占めました。, 続いて「還元率が高いから」を理由とした層が最も利用しているのは「PayPay」で42.2%です。20%相当還元などの大型キャンペーンが多く、またキャンペーンの数自体も他サービスよりも多い傾向なので、還元重視の方たちから支持されているようです。, さらに「素早く決済できるから」と回答した方が利用しているのも「PayPay」が16.1%で最多です。

年代別

学生:44人(4.1%) ●2019年4月時点よりコード型スマホ決済の利用割合が増加, スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答, まず普段の支払い方法で最も多いものについて質問したところ、「現金」と回答したのは48.4%でした。次いで「クレジットカード」が34.0%、カード型電子マネーが6.0%、QRコード・バーコード型スマホ決済(以下コード型スマホ決済)が4.9%と続きます。 専業主婦(主夫):177人(16.5%)

アンケート回答者の詳細については、文末を参照してください。 20歳~29歳:222人(20.7%) 毎年3月に実施している「決済動向調査」ではQRコード決済の利用率が43%に達し、1年間での増加の幅が30ポイント以上という驚異的な拡大を遂げたことが明らかになりました。消費増税とポイント還元の恩恵を受け、電子マネーの利用率も1年で2割増加し60%に。今回は「決済動向調査」から、日本のキャッシュレス化とQRコード決済の状況に関する結果を紹介します。, 2015年から毎年3月に実施している「インフキュリオン決済動向調査」は、「全体調査」と「詳細調査」の2段階で構成されるインターネット調査です。調査地域は全国、対象者条件は16才から69才の男女。, 「全体調査」では2万人を対象に、主要決済サービスの保有状況と利用状況を調査しています。「詳細調査」では824人を対象に、生活行動・金融行動・決済行動に関して幅広く質問しています。単に「カード決済を使っているか?」ではなく、「どんな生活スタイルの人がどんな決済サービスを利用しているのか」といった、突っ込んだ疑問に対する示唆を得られるよう設計しています。, 「詳細調査」では、定点観測的に毎年繰り返している質問と、その年のテーマとして新たに設計している質問があります。2020年の最新調査での調査項目には以下が含まれています:, 今回は最新調査のうち、キャッシュレス決済の利用状況に関する結果の一部を紹介します。, 2万人を対象に、利用している決済サービスを複数回答で調査した結果が以下のグラフです。2019年3月と10月の調査と合わせ、1年間の推移を可視化しています。, 注目なのは、QRコード決済アプリの大躍進。1年間で12%から43%へと利用率が驚異的な拡大を記録しました。, また、電子マネーの利用率も49%から60%へと拡大。消費増税とポイント還元の効果を着実に取り込んだことが見て取れます。, もともと利用率の高いクレジットカードには変化は無し。ポイント還元施策は、クレジットカード利用率のさらなる増加には繋がりませんでした。, Visa・JCBのロゴのついたブランドデビット、Visa・Mastercard・JCBのロゴのついたブランドプリペイドは、消費増税直後の10月調査では利用率が上がったものの、最新の調査では1年前の水準に戻っています。, ここまでは1年間の利用率の推移でした。次のグラフは、2015年調査からの推移を可視化したものです。より長期のトレンドを見ることができます。, 各カテゴリーのうちいずれかのサービスを「利用している」と回答した割合:2015年以降, 各カテゴリーのうちいずれかのサービスを「利用している」と回答した割合:2015年以降クレジットカードは横ばい。電子マネーは最近の1年間で拡大。ブランドデビットとブランドプリペイドは拡大の踊り場に。そしてQRコード決済アプリは大躍進、という大きな動きがわかると思います。, 次に、カテゴリーごとの利用率ではなく、個別の決済サービスの利用率を見てみます。母数は2万人です。, 個別サービスの利用率では楽天カード(40%)が首位、2位は交通系電子マネー(36%)、3位はPayPay(29%)、4位はWAON(21%)、5位はnanaco(19%)という結果となっています。, 巷ではPayPayの拡大が話題になることが多いですが、利用率で見ると日本最大のクレジットカードである楽天カードが堂々一位です。, 赤色で示しているのがQRコード決済アプリ。新興勢力でありながら、伝統あるクレジットカード会社と肩を並べて上位入りしているところに、日本のキャッシュレス市場の活発さが表れています。また、手軽さが売りの電子マネーも上位を占めています。ブランドプリペイドではau WALLETプリペイドカードのみが利用率7%で上位に入りました。ブランドデビットで利用率5%に達したものはありませんでした。, 次に、今回の調査で「何等かのQRコード決済アプリを利用している」と回答している8591人が、実際に利用しているサービスを見てみます。複数回答です。, ここで注目したいのは、後発組のメルペイ。メルカリの売上金でそのまま買い物ができるという特徴的な利用導線が功を奏したのか、利用率16%で5位に喰いこんでいます。, それでは、QRコード決済の利用者像に迫ります。まずは男女構成です。2019年3月調査では男女比60:40という男性偏重な構成となっていました。今回調査では男女比52.48と大きく改善しています。男女まんべんなく利用しているという健全な状況です。, 上図では参考に、クレジットカード・ブランドデビット・ブランドプリペイド・電子マネーそれぞれの利用者の男女構成も示しています。クレジットカード、ブランドプリペイド、電子マネーは男女ほぼ半々ですが、ブランドデビットだけは男性が女性の1.5倍という構成になっています。その理由としては、ブランドデビット利用者はネット銀行のカードを利用していることが多いことが考えられます。ネット銀行は従来型銀行と比べ、男性利用者がそもそも多いため、ブランドデビットも男性が多くなりがちです。ブランドデビット利用拡大のためには、女性ユーザー獲得が一つの課題と言えそうです。, 次に、性年齢階層ごとのQRコード決済アプリ利用率です。全ての階層で利用率は30%を超えており、幅広い層で利用が浸透していることがわかります。また、男女とも30代の約半数が利用者となっています。, このように利用が定着してきたQRコード決済アプリですが、クレジットカードを登録して使う、事前にチャージして使う、獲得したポイントを使う、など使い方には様々なパターンがあります。そこで今回は、QRコード決済アプリの利用者に対して、「利用時のお金の出どころ」を調査しました。利用するすべてのチャージ元(入金場所)と、最も利用するチャージ元(入金場所)の両方について尋ねた結果を以下のようにグラフにまとめました。(サンプル数は366人です。), 筆者には以外なことに、利用しているチャージ元としては、「アプリに登録した銀行口座」からの銀行口座チャージが国際ブランドカードを僅差で抑えてトップ、利用率は47%でした。クレジットカード登録がトップとなるとの想定は覆されました。, 最も利用しているチャージ元では、国際ブランドカードが36%でトップ、銀行口座チャージは28%で2位でした。, 考えてみれば、QRコード決済アプリの利用率首位であるPayPayが、60社以上(執筆時点)の金融機関からの銀行口座チャージ機能を提供しているので、この結果はそう驚くべきものではないのかもしれません。, しかし日本のキャッシュレス決済市場を考える上では重要な要素です。銀行口座チャージした残高をPayPayで使う、という利用導線には、カード決済インフラが関与していません。長らく日本のキャッシュレス決済を牽引してきたカード決済が、完全にバイパスされる利用導線が既に出現しその存在感を高めている。, これはまさしく、日本のキャッシュレス決済市場の大きな構造変化の兆しに思えてなりません。, 今回は「決済動向調査2020」から、キャッシュレス決済の利用動向に関する結果を抜粋して紹介しました。他の領域に関する結果についても、順次このインフキュリオン・インサイトにて紹介していこうと思っています。ご期待ください。, 株式会社インフキュリオンコンサルティング/ マネジャー/2014年より調査分析業務の中核を担う。特に決済とフィンテックに関する海外事戦略分析に定評。戦略コンサルティングにおけるアドバイザーを務める一方、雑誌やWebメディアにて情報発信も行う。Twitterアカウント(@infmorioka)でも発信中。, インフキュリオンは、決済領域における豊富な知見とテクノロジーを

.

労働基準監督署 足場設置 基準 6, シンイ 二次小説 濡れ場 7, タートルネック 春 メンズ 5, マイクラピリジャー 基地 制圧 13, 司法試験 三振 ブログ 54, エンジン オーバーホール Diy 9, ロッテ 小宮山 シェイク 5, Sap 英語 用語 5, 1byone ラジオアンテナ Am/fm 室内用 4, ランニング イケメン 2ch 5, スターウォーズバトルフロント2 Coop 難しい 17, 保育園 無償化 ずるい 6, ヤマハ レンジフード Cyd 5, Eso Account Aoe3 6, Wordpress 記事 保存 4, Led ノイズ オーディオ 11, イクシード エナジー 使い方 19, 犬 アレルギー 口の周り 赤い 9, Davinci Resolve クリップの長さ 13, Mhw Charge Blade Mods 4, 家庭内別居 無視 妻 19, リトル マーメイド 3 フランダー 4, 車 天井 擦る 6, I Ll ドアノブ 5, トリッカー ツーリング 荷物 26, 充電完了の通知 アプリ 使い方 4, Not Work 意味 4,