スマホのスペックの見方を完全解説!cpu・ram・rom・カメラ性能の見方や、スマホスペックの比較・確認方法をご紹介します。ゲームアプリが快適にできるスペックや、スマホの選び方を知りたい方も必見です。 スマホ向けCPUは「SoC」とも呼ばれています。SoCは「System on a Chip」の略で、1つのチップ上に多くのシステムを載せる設計手法がこの名前の由来となっています。 スマホのCPUは大きく3つの系統に分類されます。 (写真:ファーウエイ・P30 lite), 名称はキャリアごとに異なるが、各社とも、シニア向けに操作を簡単にしたスマホを用意している。, 「らくらくホン」に代表される従来型のシニア向け携帯電話を、スマホ化した端末という位置づけだ。, アイコンが一般的なスマホよりも大きく、メニューや設定の表記もわかりやすいよう、専門用語を廃しているケースが多い。, タッチの代わりにキーボードの押し心地を再現したり、専用のコールセンターにボタン一発でつながったりする端末もあり、サポートも手厚い。, 押し込むとブルっと震えるため、ボタンのようで操作しやすい。文字の拡大も簡単にできる。, 電話やメールの専用キーを搭載。カメラカバー付きで、開けると起動するわかりやすさも好評。, サポートにつながる「押すだけサポート」を搭載。サイドキーを押すと、音声検索を呼び出せる。, 一方で、操作方法や設定メニューの文言がほかの端末と異なるなど、家族や友人に教わったとおりに操作できない面もあるので、サポートに頼りつつ、自力でスマホを習得したい人向けの端末といえる。. 公開日:2017/10/18 更新日:2017/10/17  スマホのGPUとは?性能とメーカーを徹底解説! 「DIGNO」や簡単スマホでおなじみの京セラが 国内シェア9.1% で 4位 です。 主にau・SoftBank・Y!mobile・UQmobileなどに出荷しています。普通のスマホも製造していますが、簡単スマホや簡単ガラケーを多く製造しています。 }}, {"@type": "Question","name": "CPUとは?","acceptedAnswer": {"@type": "Answer","text": "CPUとは人間でいうところの脳みそのこと。脳みその中でも記憶するところや考えるところ、心臓や内蔵を自動的に動かすところなどいくつかのセクションに分かれています。その中でCPUは考えるところに当たります。また、プロセッサとも呼ばれます。スマホだと、画面のどこをタップしたか、どのアプリを選んだかを判別してその通りに考えて動くシステムということになります。" 68 Views, スマホを選ぶ際は何を基準にしていますか?どんな点でスマホを比較していますか?デザインやブランド、価格など、比較する点はたくさんあり、選び方は人それぞれですのでどこを比較して選んでも間違いではありません。, ここでは、スマホを選ぶ際にも知っておいて損はない、CPUなどの基礎知識について紹介しています。深くまで知る必要はありませんが、CPUなどのスペックの意味をなんとなくでも知っておくと、判断する際により良い答えを導きだせるかもしれません。, 「Qualcomm Snapdragon (2.5GHz,4コア)」などの表記を見たことある方も多いのではないでしょうか。スマホもパソコンも性能を計る指標としてCPUを知っておくと便利です。, 特に、格安スマホなど、さまざまなスマホを比較して選びたい人は、CPUを1つの基準にもできます。ここでは、CPUの基礎知識について見ていきましょう。, CPUとはセントラルプロセッシングユニットの略で、よく人間の「脳」に例えられます。脳であるCPUが優秀であればデータ処理を高速で行うことができ、スマホの動作も快適でサクサク動きます。, 逆にCPUの能力が低い場合はデータ処理が遅く、スマホの動作もモッサリとしていて固まったりします。有名なCPUメーカーにはQualcommやMediaTek、NVIDIA、SAMSUNGなどがあります。, CPUの性能を見る際の1つの指標が「クロック周波数」です。仮に同じCPUであればクロック周波数が高い方が高性能ということになります。クロック周波数はメガヘルツとギガヘルツとあり、ギガヘルツの方が単位が大きいです。, CPU自体、さまざまなメーカーが製造しているため、一概には言えませんが、クロック周波数を用いて、性能の高さの予想をします。, CPUの性能を知るための1つの指標がコア数です。コアとはCPUの核となる部分であり、一般的にコアの数が多いほど性能が高くなります。, スマホのCPUのコア数は1コア:シングルコア、2コア:デュアルコア、4コア:クアッドコア、6コア:ヘキサコア、8コア:オクタコアなどに分かれています。, クロック周波数もあるため、コア数が少ないのと多いスマホがあった場合、必ずしもコア数が多い方が性能が高いとは限りません。一つひとつのコアの性能が低ければ、いくら数が集まっても性能は高くならないためです。, スマホのスペック表を見る際は、ディスプレイ性能やカメラ性能などに目が行きがちですが、CPUのクロック周波数やコア数もチャックするようにしましょう。, もちろん、スペックにマニアックな人はすべてを確認して比較した方がいいですが、初心者の方はCPUやRAM、ROMなどを確認するだけでも十分です。「なんとなく」でもわかっていることで、スマホ選びに失敗しなくなります。, CPUだけでなく、RAMやROM、ディスプレイ、カメラ、電池などのスペックについても簡単な知識は持ち合わせておきましょう。, マニアックにすべてを知る必要はありませんが、「何が指標となるのか」「指標が大きければいいのか、悪いのか」などを知っておくだけでも見方が変わってきます。, もちろん、指標が大きければ必ず性能が良いということはありません。あくまでも可能性の1つとしての参考指標となりますが、判断するうえで役に立ちます。, RAMはRandom Access Memoryの略でメインメモリのことです。アプリをバックグラウンドで動かしていたり、作業データなどを一時的に保存する場所のことで、作業スペースの大きさを表します。RAMの容量が小さいとスマホの動作が遅くなったり、落ちたりします。, ROMはRoad Only Memoryの略で内蔵メモリのことです。スマホで撮影した写真や動画、データなどを保存する場所で保存領域を表します。ROMの容量が小さいとすぐに保存ができなくなってしまうため、容量は大きい方が安心です。, ディスプレイはサイズや解像度、種類で比較することが可能です。iPhone8であれば4.7インチと5.5インチ、iPhoneXであれば5.8インチなど、スマホによって画面サイズが異なります。, サイズは好みが出やすい部分になりますので、使い勝手の良いサイズを選ぶといいでしょう。解像度はディスプレイの精細さを示す指標のことであり、一概には言えませんが解像度が高い方が画面がキレイです。, 「2560×1440px」などの表記で表されます。そして、安価で太陽光の下でも見やすい液晶ディスプレイや高価ですが応答が速くバッテリー消耗も抑えられる有機ELディスプレイなどの種類があります。, 「メインカメラ◯◯◯◯万画素、インカメラ◯◯◯◯万画素」など、カメラの性能の指標になるのが画素数です。基本的には画素数が多い方が写真がきめ細かいものになります。, ただし、画素数が多いスマホの方が必ずしもキレイな写真を撮れるということではありません。色調やレンズの質の影響も受けるためです。あくまでも1つの指標として参考にしましょう。, 電池の容量は「mAh」という指標が示します。基本的には数値が大きいほど電池容量も大きいことを表します。, CPUがパワフルなスマホは少なくありません。ここでは、その中でもおすすめの3つのスマホを紹介します。, これからのスマホを語るうえで最も外せない機種であるiPhoneX。CPUに限らず、すべてのスペックが高くパワフルな性能を有しています。, 64ビットアーキテクチャ搭載A11Bionicチップで、SuperRetinaHDディスプレイ、解像度2436×1125で458ppi、そして、iPhone史上初の顔認証(FaceID)となっています。, すべてがスクリーンとなっており、1000000:1のコントラスト比のOLEDスクリーン。カメラは光学ズームに対応し、写真は最大10倍、動画は最大6倍のデジタルズームも可能です。すべてにおいて期待できる1台です。, 2017年6月に発売されたXperia XZ Premium。世界初の4KHDR対応スマホとして注目を集めました。高精細な4K解像度でありながら、メモリ積層型イメージセンサーが搭載されており、スーパースローモーションの撮影も可能です。, CPUはQualcomm MSM8988、2.45GHzクアッドコア+1.9GHzクアッドコアのオクタコアです。RAM4GB、ROM64GB、ディスプレイ解像度2160×3840となっています。, Galaxy S8+も2017年6月に発売されました。有機ELディスプレイで、電池容量は3500mAh、メインカメラ1220万画素、インカメラ800万画素、RAM4GB、ROM64GB、CPUはQualcomm MSM8998 2.35GHz+1.9GHzのオクタコアです。, 特大ディスプレイで色鮮やかなキレイな画像を楽しめます。顔認証、虹彩認証、指紋認証の3つから選べるようになっており、防水・防塵機能です。, CPUやRAM、ROM、ディスプレイ、カメラ、電池など、基礎的な指標を知っておくだけでも、スマホのスペックを見る際に役立ちます。次のスマホを選ぶ際にスペック表もチェックしてみてください。より深い知識を得たい場合は、ぜひ、自身でも調べてみましょう!, 全てがテレビになる!ワイヤレステレビチューナーXIT AirBox lite「XIT-AIR50」を徹底レビュー, iPhone/iPadでテレビを見るならこれ!フルセグチューナー「XIT-STK200」を徹底レビュー, 低速通信500kbpsを条件に通信容量無制限の格安SIMと500kbpsできること, Wi-Fiルーターより優秀?ピクセラの格安SIMとUSBドングルで快適な通信環境が実現!. CPUの性能を見る際の1つの指標が「クロック周波数」です。 アップルが1社で提供するiPhoneとは異なり、Androidはさまざまなメーカーが端末を開発しており、価格帯もエントリーからハイエンドまで幅広い。, 店頭で数多くの端末が並んでいるのはそのためだ。最適な端末を選ぶには、スペックの見方を知っておく必要がある。, まず、画面だが、サイズだけでなく、解像度にも注目したい。これは、画面をどれだけ細かなドット(点)で表現しているかの数値で、数字が大きいほど映像の精細感は増す。, 画面サイズ画面サイズは対角の長さを表すインチ数で示される。最新モデルは多くが縦に長く、18対9や21対9の比率を採用。, 画面解像度画面の細かさを表すドットの数値。多いほど細かく映像を表示できる。HD、フルHD、QHD、4Kの順に高い。, CPUは、型番をチェック。Androidの多くはクアルコム製のCPUを搭載しているが、800番台が最上級、4、6、700番台がミドルレンジで、こちらも数字が大きいほど高性能だ。複数のアプリを同時に動かす際の指標がメモリー(RAM)で、これも数字が大きいほど高性能。ストレージ(ROM)は、データを保存しておく容量だ。, プロセッサー(CPU)ソフトウエアの処理をつかさどるチップ。周波数と型番のほか、コア(中央処理回路)の数も重要な要素。, メモリー(RAM)データを一時記憶しておくための領域。多いほど、マルチタスクやデータの大きなアプリが快適に動く。, ストレージ(ROM)写真、動画、音楽、文書、アプリデータなどを保存する領域。端末によっては、microSDで拡張が可能。, バッテリー容量バッテリーの大きさを示す、時間当たりの電流の数値。スマホではmAh(ミリアンペア時)が単位となる。, カメラは画素数だけでなく、センサーサイズやレンズの明るさなど、画質に影響を与える要素が多いため、使い勝手も含め、店頭で撮り比べてみよう。, メインカメラ背面に搭載されるカメラ。画素数のほか、センサーサイズやレンズのF値、画像処理のやり方で画質が決まる。, サブカメラ内側のカメラを指し、メインカメラより性能が低いことが多い。深度測定用カメラのことをこう呼ぶこともある。, ほかにも、生体認証の種類やバッテリー容量、おサイフケータイの有無などに違いがある。自分に必要な機能に優先順位をつけておくと選びやすい。, テレビモバイル用に画質を落としたワンセグや、大型テレビと同じフルセグを受信できる機能。搭載機は減少傾向。, おサイフケータイFeliCaで電子マネーやクレジットカードなどを使える機能。キャリアの端末の多くが、これに対応。, 生体認証指紋や顔など、体の一部を使って認証をするための機能。どれに対応しているかは、機種ごとに異なる。, 防塵・防滴チリや砂ぼこりなどの混入や浸水を防いだりする機能。時間や強度によって、等級が分かれている。, 国内シェアトップのシャープは、AQUOSブランドのスマホを展開。ハイエンドモデルは省電力液晶や、書き換え速度の速い有機ELなど、ディスプレイに力を入れた端末が多い。一方で、AQUOS senseのように、性能の割に価格の安いミドルレンジモデルもある。, Androidで国内シェア1位。バランスのいいハイエンドモデルが多く、省電力な液晶や、書き換えの速い有機ELなども魅力。コスパの高いAQUOS senseシリーズは大ヒットしている。, ソニーモバイルはXperiaブランドを展開。21対9のディスプレイやトリプルカメラを搭載したXperia 1や、その小型版のXperia 5が最新モデルで、映像やカメラにフォーカスした端末が多い。AQUOS、Xperiaともに大手3キャリアすべてから発売されている。, テレビやカメラといった、ソニーの得意とする技術をスマホに応用。21対9の有機ELディスプレイを搭載したXperia 1やXperia 5が主要モデル。日本ではAndroidでシェア2位。, 世界シェア1位のサムスン電子はGalaxyでおなじみ。ハイエンドのSシリーズを夏モデル、大型でペンを搭載したNoteシリーズを冬モデルとして発売している。処理能力が高く、カメラの写りもトップクラス。最近では、ミドルレンジにも手を広げている。Galaxyは、ソフトバンク以外のキャリアが取り扱う。, 世界シェア1位。早くから有機ELディスプレイに取り組んでおり、左右が湾曲した画面は没入感が高い。ペン内蔵のNoteシリーズのような個性派もある。処理能力の高さも魅力だ。, 格安スマホ市場で一気にシェアを伸ばしているのがファーウェイ。高機能モデルは老舗カメラメーカーのライカと協業したカメラの性能が抜群に高く、AIの処理能力にも優れる。ただし、米国の制裁を受け、2019年冬モデルはSIMフリーのみになった。, コスパの高いミドルレンジのliteシリーズが、SIMフリー市場で特に人気が高い。ハイエンドはデザインに優れたPシリーズと、大画面のMateシリーズを用意する。, そのほか、OPPO(オッポ)やASUS(エイスース)など、SIMフリーの端末を中心に扱うメーカーは多く、キャリア系よりもバリエーションが多彩だ。, 日本には2018年に参入。SIMフリーのおサイフケータイ対応モデルを投入するなど、市場に寄り添う戦略を取る。徐々にシェアを拡大しており、楽天やUQモバイルも取り扱う。, 日本では、SIMフリースマホの草分け的な存在。性能に対して、低コストな端末が多いのが特徴。ゲームに特化させたROG Phoneのように、パソコンメーカーならではの端末も用意。, 老舗の日本メーカーで、arrowsシリーズを展開。最近ではミドルレンジモデルに注力しており、高耐久性をうたうモデルが多い。シニア向けの「らくらくスマホ」の先駆けでもある。, Androidを提供するGoogleが自ら開発したスマホが、Pixelシリーズ。AIを生かしたソフトに強みがある。日本には2018年から参入。最新モデルはキャリアではソフトバンクのみが扱う。, 従来型ケータイのころから日本で展開するメーカー。ケースを使って2画面化できるG8X ThinQなどの個性派モデルも多い。Kシリーズなど、ミドルレンジの端末も幅広くそろえる。, 「格安スマホ」とは、MVNO(大手キャリアから回線を借りて割安な通信サービスを展開する事業者)の割安な通信料金に、本体価格の安いミドルレンジのスマホを組み合わせたものを指す。ただし、新聞などが使い始めた造語で、厳密な定義は存在しないため、MVNOと高額なハイエンドモデルの組み合わせでも、「格安スマホ」と呼ぶことがある。また、大手3キャリアが販売するミドルレンジ以下のモデルを指して、「格安スマホ」と呼ぶケースも見受けられる。, ミドルレンジモデルについていえば、ここ数年、性能は底上げされており、一とおりの用途は十分こなすことができる。ただし、カメラの仕上がりなどは、ハイエンドモデルには及ばず、広角や望遠撮影に対応していない機種もある。処理能力だけでなく、付随する機能が削られている点には注意が必要だ。, MVNOについては、大手キャリアに比べて料金を抑えられる半面、店舗を展開している会社が少なく、サポートが手薄になりがち。大手キャリアから借りた帯域をユーザーがシェアする仕組みのため、通信が集中する通勤時間帯やお昼などには速度が出ないおそれもあるので、割り切りが必要だ。, ミドルレンジのスマホ スマホのスペックの見方を完全解説!cpu・ram・rom・カメラ性能の見方や、スマホスペックの比較・確認方法をご紹介します。ゲームアプリが快適にできるスペックや、スマホの選び方を知りたい方も必 … スマートフォンに搭載されているCPUは、端末の性能を大きく左右する重要な役割を担っています。端末と同じようにCPUにも種類があり、それぞれに性能が異なるため、スマホの性能を比較したいときにはCPUの知識が不可欠です。, CPUとは「Central Processing Unit」の頭文字を取った略称で、日本語では「中央演算処理装置」といいます。, 中央演算処理装置という言葉を聞くとすごく難しく思えるかもしれませんが、スマホの処理速度を決める「頭脳」の役割をする装置です。, 頭の良い人ほど計算が速いことと同じで、CPUも性能が高いほど処理速度が速くなります。, コア数を表す表記では「シングルコア(1コア)」や「デュアルコア(2コア)」といった名称が使われます。, コア数=情報を処理する人数だと考えれば、人数が多いほど速く処理できるということになるのでわかりやすいと思います。, 格安スマホはこれまでデュアルコアとクアッドコアが主流となっていましたが、最近ではオクタコアが一般的となりつつあります。, クロック周波数には「GHz」(ギガヘルツ)という単位が使われており、こちらも数値が高いほど処理速度も速くなります。, コア数=情報を処理する人数とするならば、クロック周波数=処理する人の一人あたりの能力だと考えるとわかりやすくなります。, スマホ本体が熱くなるときというのは、この数値以上に負担のかかる処理を求めて許容範囲を超えてしまっているときです。, クロック周波数が低いと、容量の大きなアプリなどを使用するときに極端に反応が鈍くなることがあります。ストレスなくスマホを使いたいのなら、クロック周波数の高いCPUを搭載している端末を選ぶと良いでしょう。, スマホ向けCPUは「SoC」とも呼ばれています。SoCは「System on a Chip」の略で、1つのチップ上に多くのシステムを載せる設計手法がこの名前の由来となっています。, Android端末に搭載される「ARM系CPU」「IntelのCPU」と、iPhoneに搭載される「Apple Aシリーズ」の3つで、それぞれに特徴が異なります。, Androidスマホの多くに搭載されているのが、このARM社が設計するCPUです。, ARM社は設計だけにしか携わっていないため、製造段階で搭載する機能がカスタマイズされることもあります。, IntelはスマホよりもパソコンのCPUを製造しているメーカーとして有名ですが、IntelのCPUはAndroidスマホの一部でも使用されています。, しかし、Intelは2016年にスマホ向けCPUの開発を中止し、現在では事実上の撤退状態となってしまっています。, IntelのCPUは高性能な反面、ARMと比べ熱を持ちやすく、消費電力が大きくなってしまう特徴があります。, 2018年7月現在、Apple Aシリーズ最新のCPUは、iPhone X、iPhone 8とiPhone 8 Plusに搭載されているApple A11となります。, 「iPhone 7」とAndroid系人気端末「ZenFone 3(ゼンフォン スリー)」のCPUスペックをベンチマークスコアで比較し、どの端末がどれくらい優れているのか確認してみましょう。, このように比較してみると、iPhoneのベンチマークスコアが圧倒的に優れていることがわかります。, Androidスマホを選ぶ時には、歴代のiPhoneシリーズのベンチマークスコアと比較することで、各端末のCPU性能がどれくらいなのかを把握できるかもしれませんね。, 高性能なCPUを搭載したスマホのほうが使い勝手は良いですが、その分価格は上昇します。, 電話、メール・チャット・LINE、SNS、写真撮影、音楽再生、地図、ニュース、電子書籍, こうしたアプリをメインに使うのであれば、そこまで性能は必要としませんので、1万円~2万円程度のスマートフォンでも十分使うことができます。, 低価格スマホに搭載されているQualcomのSnapdragonの400番台のシリーズで十分です。, インターネットサーフィン(サイトによる)、2Dゲーム、動画撮影、動画再生、写真加工, スマートフォンでいろいろなアプリを楽しみたいという場合には、ミドルスペックの性能を必要としますので、格安スマホを購入する際にも3万円前後のスマートフォンを検討する必要があります。, QualcomのSnapdragon600番台のシリーズやHuaweiのKirin600番台シリーズを搭載したスマートフォンが丁度よいでしょう。. 更新日:2020.08.31  スマホのCPU性能とメーカー一覧. スマホ向けCPU(SoC)のメーカーについて. }},{"@type": "Question","name": "RAMとは?","acceptedAnswer": {"@type": "Answer","text": "次はRAMです。なかなか聞き慣れない言葉だと思いますが、Random Access Memory(ランダムアクセスメモリ)の略称です。一般的に言うと、いわゆる「メモリ」のことを指します。CPUは「考える」脳みそと言いましたが、RAMは「記憶しておく」脳みそということになります。例えば1534481+16404=?という問題を出された場合、まずその数字を覚えますよね?人によっては紙に書いたりして記憶します。そしてそれから計算を考えるわけですが、この一時的に記憶するところにあたるのがこのRAM(メモリ)です。" スマホ向けCPUは「SoC」とも呼ばれています。SoCは「System on a Chip」の略で、1つのチップ上に多くのシステムを載せる設計手法がこの名前の由来となっています。 スマホのCPUは大きく3つの系統に分類されます。 月額料金が割安なMVNOのSIMカードと、本体価格の安いモデルの組み合わせを「格安スマホ」と呼ぶことが多い。端末代はハイエンドを選ぶと、高くなるケースも。 ※ギークベンチスコアのベンチマークスコアは、ギャラクシーの端末もQualcomm Snapdragon相当で比較しているため、当サイトもSnapdragonという表記で記載しています。, Qualcomm Snapdragon 865のマルチコア スコアは2000台後半と、iPhoneのApple A13 Bionicと大差無いスコアを叩き出しています。, iPhoneでしか使用できないApple A13 Bionicと異なり、様々な端末で使用されているQualcomm Snapdragon 865の方がスマホの選択肢が多いです。今後もQualcomm Snapdragon 865を搭載したスマホが続々と発売され、iPhoneよりも低価格で購入できる機種が多いです。, 豊富な選択肢を誇るQualcomm Snapdragon 865搭載スマホの中からお気に入りの1台を見つけましょう。, HUAWEI Kirin 990もマルチコアスコア3000台で最新のiPhoneに引けを取りません。, HUAWEI端末は、iPhoneには無いスペックや機能を搭載している機種が多いです。トリプルカメラや、大容量バッテリーが搭載されているのが、HUAWEI端末の魅力です。CPU・メモリ・バッテリー容量・カメラ性能・ディスプレイなど総合力で比較すると、iPhoneよりもハイスペックな機種が多いです。, 価格もiPhoneより安く、コスパ抜群のハイスペックスマホならHUAWEI端末です。, 上記表に掲載されているスマホも編集部がおすすめする高性能CPUスマホです。価格、スペック、ディスプレイサイズの3項目に分けて比較していきます。, 低価格の高性能CPUスマホなら、Huawei nova 5TかAQUOS sense3 plusです。特にHuawei nova 5Tは5万円台で購入できる低価格でありながら、ハイエンドモデルのスペックが搭載されています。同価格帯のスマホの中には、メモリ: 6GB、ストレージ: 64GBの端末もあるので、Huawei nova 5Tは価格以上のスペックです。, スペック重視なら、OPPO Reno 10x ZoomかAQUOS zero2です。いずれの端末も10万円を超えますが、CPU: Snapdragon 855・メモリ: 8GBとスペックは高いです。とにかくスペック重視ならAQUOS zero2。価格とスペックとカメラ性能を重視するならOPPO Reno 10x Zoomを選びましょう。, ディスプレイは持ちやすい小型ディスプレイならAQUOS sense3 plus、大画面で高画質ディスプレイならOPPO Reno 10x Zoomが良いです。AQUOS sense3 plusは約6インチのディスプレイサイズなので、女性や手の小さい人でも片手で使用できます。片手で使用したい場合や、片手で操作できるゲームならAQUOS sense3 plusを選びましょう。OPPO Reno 10x Zoomは画面占有率が高いの大画面有機ELディスプレイです。ディスプレイの余白が少なく、大画面で高画質のゲームや動画を楽しめるので、迫力ある映像を求めている人に向いています。, 当サイトのスマツーストアでも最新のSIMフリースマホが購入できます。スマツーストアを確認してみましょう。, 高性能CPUについてもっと詳しく知りたい人や迷っている人は、スマホ100機種以上のレビューを行っている当編集部が厳選した人気機種を以下の記事で確認できます。, スマホのCPU性能を比較する基準は、CPUの数値・コア数・メモリです。高性能CPUのスマホを使用すれば、今よりも快適にゲームや高画質動画を見れるだけでなく、マルチタスクもスムーズです。, 高性能CPUスマホの中には低価格で購入できる端末もあり、決して「高性能=高価格」という訳ではありません。当サイトのスマツーストアは高性能CPUスマホから、低価格のコスパ重視のスマホまで幅広く取り揃えています。, スマホは毎日使う物です。少しでも快適なスマホライフを送るためにも、まずはスマツーストアをチェックしましょう。, 本記事では、Androidスマホの画面が勝手に動く原因と対策方法について紹介します。おすすめの誤作動防止アプリについても紹介していますので、ぜひ本記事をチェックして、Androidスマホの誤作動の原因を探り、改善してください。, 折りたたみスマホは普通のスマホと異なり、ディスプレイの角度を調整できたり、複数のアプリを同時に起動できるメリットがあります。折りたたみスマホが気になる人は、本記事を通して折りたたみスマホの理解を一緒に深めましょう。, Androidスマホの写真を保存する方法を紹介しています。クラウドサービスや写真保存アプリなら手間もかからず、簡単にデータのバックアップと写真の整理ができます。外部メモリやCD、DVDに写真を保存すればパソコンにデータ転送がしやすくなり、写真屋でプリントアウトもできるので便利です。ぜひ参考にしてください。, HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの価格・スペックレビューを紹介しています。本体側面までディスプレイのホライゾンディスプレイや高画質で最大30倍ズームまで可能な4眼カメラ(クアッドカメラ)を搭載しているHUAWEIのフラッグシップモデルの魅力を一緒に見ていきましょう。, arrows RXのスペックレビューをまとめています。arrows RXはスマホ初心者でも扱いやすいエントリーモデルで、便利なおサイフケータイ・防水防塵に対応しています。また、デュアルカメラを搭載しているので趣味で写真撮影をする人におすすめの端末です。詳しい性能を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。, Galaxy A41のスペックや価格帯、カメラ機能をレビューしています。Galaxy A41はおサイフケータイや防水防塵に対応した軽量スマホのため、女性でも片手で楽々に操作できます。搭載CPUやメモリは普段使いにぴったりの性能で、3万円台で購入できるコスパ最強のミドルレンジスマホです。, AQUOS R5Gの価格やカメラ性能などを総合的に紹介しています。シャープのフラッグシップモデルスマホであるAQUOS R5Gには、高性能カメラや6.5インチPro IGZOディスプレイ、8K動画撮影可能な高性能4眼カメラなどが搭載されています。詳しい性能を知りたい人はぜひ参考にしてください。, Xiaomi Mi Note 10 Liteのスペックや価格を紹介します。ゲーム特化型のCPUや大容量5260mAhバッテリーを搭載。ゲーム向きのスマホやコスパの良いスマホを探している人におすすめです。カメラ性能についても詳しく解説します。, Xiaomi Redmi Note 9Sのスペックをレビューしています。クアッドカメラ搭載のSIMフリースマホで、DSDVに対応しているので格安SIMとの併用が可能です。バッテリーとメモリが大容量のため普段使いにも活躍します。また、価格帯が2万~3万円なのでサブ機としてもおすすめの端末です。, HUAWEI nova lite 3+の価格やスペックレビューをまとめました。HUAWEIスマホでありながらGoogle搭載で使い勝手の良いスマホとして話題になっています。低価格なので2台目のスマホとしてもおすすめです。一緒にHUAWEI nova lite 3+の魅力を確認していきましょう。, 1本記事は、大手キャリアのドコモ、au、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えて月々の携帯代を安くしたい人向けの総合ガイドで…, 1本記事では、おサイフケータイ・FeliCa対応の最新おすすめSIMフリースマホを紹介します。

.

ロレックス デイトナ ブログ 24, 星座 キス 相性 10, ポケモン カスミ イラスト 4, 月利 15 パーセント 9, 耳 つぼ 生理痛 53, Gta5 車売却 場所 22, 生駒市 交通事故 今日 12, Angela 叫べ 歌詞 44, テリワンsp 黄金郷 周回 11, ココイチ トッピング 納豆 18, Bump Of Chicken Jupiter 隠しトラック 40,