xref 0000018641 00000 n 0000061318 00000 n 0000004542 00000 n 144MHZ 用モービルアンテナと. 穂先が折れて使えない古い釣竿。 携帯・デジカメ 0000061059 00000 n 0000004189 00000 n FT8&RTTY他 0000001394 00000 n 日記・コラム・つぶやき, HH-9000 29/50/144/430 4Bandホイップ 接触不良? x�bb�d`b``��� � 0000001718 00000 n diamond社のカセットコイル交換式モービルホイップmd200シリーズ用に製作した、自作カセットコイルファミリーです。 左から 1.9mhz用 3.5mhz用 7mhz用(メーカー製) 10~28mhz6バンドタップ切換式 その後. HiFi SSBとオーディオ 連絡先: info@fbnews.jp, 総務省、平成27年度末の「アマチュア無線従事者資格者数」と「アマチュア無線局数」を公表. 本格着手し、過去に製作途中であったアンテナを仮止め仮調整を行って、 とりあえず出られる様にしました。 このアンテナはまだ走行中の使用には耐えられない状況ですが、 0000002920 00000 n 短縮モービル・ホイップ 2mではホイップアンテナが小形になります。1/4波長で50cmですから手軽に作れます。 アンテナ作りも、長い物は材料がなかなか手に入りませんから市販品を使う事にります。しかし、短い物なら「私たちでも作れそう! マイク・マイクプリアンプ 6mモービル・ホイップアンテナ: 60cm長の小形ホイップアンテナです: 50MHz: 50MHz ミニホイップアンテナ: 全長17cmと短いアンテナ Eスポや移動局用として実用的なアンテナ。 50MHz: 50MHz 超短縮ホイップアンテナ: 全長9cmと極端に短くしました 10MHz ----- 220pF+47pF 固定のモービルホイップのアースは? トタン屋根はhamの味方!! オリジナルはもちろん、製作記事に基づくものでも制限はありませんが、ご本人の自作に限ります。 画像と簡単な説明をお送りください。 ご自分を明確にしていないメールには返信していませんので「住所・氏名など」をお忘れなくご記入ください。 瓦屋根では、真似出来ない。アースの魅力!! 屋根に設置の例です。まずは、マグネットアースを作りました。市販のアースは高いので、自作しました。 これは初期型のマグネットアースです。 3、モービル用ホイップアンテナの設置方法。 移動に適したV/UHFアンテナ大研究 1、八木アンテナの設置方法。 2、GPアンテナの設置方法。 3、モービル用ホイップアンテナの設置方法。 ベランダにモービル用HFアンテナ 0000004579 00000 n 車載運用の標準アンテナともいえるモービルホイップ。ポピュラーなvuhf帯用のモービルホイップは利得があるタイプも多く、高所から運用すればそれなりの飛びが期待できる。 アマチュア無線機・機材 ?というわけでSWRのチャートです。, 緑のラインがFA-S627ですが、いいじゃないですか。50/144/430でキッチリSWRが落ちています。144メガのちょっと下のディップは130メガでエアバンドでも使える・・・ということですね。半分程度の長さしかないRH-9と比較して、やはりSWRが下がるバンド幅が広いですね。また430メガを含んだ前後380~500メガ辺りが美味しい周波数でしょう。, 最近ローバンドが良いみたいです。160mのアンテナは10mのグラスポール2本を屋上に仮設して、垂直部10m水平部13mの逆Lを展開。スクリュードライバーのコイルの出口に接続して、ボトムローディング方式です。SWRは1.02と文句無し。いつも使っている受信専用のOPantennaは4mのアルミポールに取り付けて、屋上高4mと逆L水平部の半分以下。, というわけで、受信具合をデュアルワッチで較べてみたところ、な~~~んと、OPantennaの方が微妙ではありますが、勝っているように見える結果となりました。逆LはOPantennaに対して12フレームで1フレーム取りこぼし、受信している信号強度はほぼ互角ですが、ときどき1dB程度逆Lの方が弱いことがありました。いゃぁ、逆Lの優位は揺るがないだろうと思っていましたが、結果は僅差でOPantennaの勝ち。嬉しいけど、チト複雑。EU方面では違う結果になる可能性はありそうですが、どうでしょうか。, ローバンド用の受信専用アンテナとして開発中のOPantennaは、良く聴こえるものの、他のアンテナと比較してどうか?については、マトモなアンテナが無いので比較できませんでした。, 全長5m程度の短縮バーチカルと比較して、良いといっても・・・説得力がありません。昨晩の160mでは、JT5DXが長時間CQを連発していたので、日本の各局の受信状況を調べてみました。, 図のように、概ね同じレベル -8dB程度で受信できていることが判りました。各局のアンテナやロケーションによって受信状況が異なるので、dB単位での比較はあまり意味を持ちませんが、全長30cm程度の超短縮アンテナを各局が使っているとは思えず、それなりのアンテナを使っていると想像しています。. ということで、OPantennaは160mでも、実用的な感度を持っていると言えそうです。ちょっと安心しました。たぶん、都市雑音が低いところではかなりの性能がでるのではないかと思います。もっとも、都市雑音が少ないところなら、大きなアンテナを展開できると思いますけど・・・手間がかからないのがメリットかな? 0000000729 00000 n Masacoの「むせんのせかい」~アイボールの旅~/第8回 中部大学 無線部の皆さん, 海外運用の先駆者達/JA3AER荒川泰蔵 その42 相互運用協定の恩恵 1987年 (4). 0000129240 00000 n となりました。. 0000007524 00000 n 18,21,50Mhzのモービルホイップの製作. <]>> 101 21 折り曲げ機構が付いているので、調整時にいちいち基台から外す必要が無い。, まずは、調整エレメントを一杯まで縮めてSWRを計ったところ、7180付近に同調していた。つまりこの状態なら7MHz帯の上端付近で運用できることになる。次に一杯まで調整エレメントを引き伸ばして、測定したところ7020付近に同調していた。ほぼOKである。CW周波数帯の端の方でSWRが上がった場合は、チューナーを使用すれば良いだけなので、これでOKとした。, 調整エレメントを一杯まで伸ばしたところ、センター7020kHzでSWR1.3となった。, この調整結果から判明したのは、このアンテナは調整により7MHz帯の200kHz幅をフルカバーできることで、「新バンドプラン7.0~7.2MHz対応」のうたい文句に偽りはない事が分かった。, フィールドデーコンテストは土曜日の18時から始まるが、今回は入賞を目指した参加ではなく、アンテナのテストが目的のため、日曜日(コンテスト2日目)の0930jから運用をスタートした。呼び回りから始め、IC-7300Mのリアルタイムスペクトラムスコープを確認しながら、強力な局に同調して順次コールしていく。出力は50Wフルパワーだが、何しろ22%の短縮率なので、飛びはどうかなと思っていたが、ほとんどの局から応答があった。, 1発でフルコピーしてくれる局もあれば、コールサインの一部のみコピーの局、さらにはQRZ?の局と反応は様々だが、無視されてCQを出されることはなく、QRZ?でも最終的にはナンバー交換まで進み初めのうちは100発100中、想像以上の手応えである。他局と競合すると、ほとんどの場合呼び負けてしまったが、こちらの電波が届いていない訳ではないので、辛抱強く順番を待った。, 呼び回りで10数局QSOした後、空き周波数でCQを出してみた。5分間くらいCQを出し続けたら1局だけ呼ばれたが後が続かない。ランニング(自局がCQを出すこと)はちょっと厳しいようだ。再び呼び回りに戻り、局数を積み重ねていった。初めの30分間で17QSOに達し、まずまずの飛びに納得し、運用を継続する。, 運用中の様子。リグはIC-7300M。高性能リアルタイムスペクトラムスコープのおかけで同調操作が極めて容易。効率の良い運用ができる。, その後、再度ランニングを行ったところ、ぽつりぽつりと呼ばれ、2局同時に呼ばれたケースもあって驚いた。1回目のランニング時はコンディションが悪かったようだ。しかし、さすがに他のランニング局と比べると相対的に電波が弱いようで、幅寄せをされたり、はたまた真上からCQを出されたりして、長くは続かなかった。, 開始から1時間半で47QSOをマーク。2分で約1局のペースで進む。50QSOに達した1103jに一息つき休憩を入れた。93分間で50QSOなので上々の結果である。1115jから再度運用を始め、呼び回りとランニングを交互に行って、コンテスト終了時刻の1200jまで続けた。最終的に休憩を含み都合2時間半(150分)の運用で、78Qで終了。マルチは33で、得点は2,574点という結果となった。, 2時間半の運用中、コールしても届かなかった局はわずか3、4局であった。当初、7MHzではアンテナ長が短い(短縮率が高い)だけに、こちらからコールした50%くらいの局とNR交換できれば良しとしようと考えていたが、結果的に9割を超える局とNR交換ができた。想像以上に飛んで満足の結果となった。, それでも、このアンテナで7MHzシングルバンド部門にエントリーし、1日目の18時からフル運用を行っても、このレートであれば上位入賞は厳しいであろう。しかしながら、7MHzの電信運用を楽しめるアンテナであることは分かった。機会があれば、電話運用でも試してみたい。, 発行元: 月刊FBニュース編集部 endstream endobj 120 0 obj <>/Size 101/Type/XRef>>stream 3本共、作り方は同じ要領、銅線の長さが異なるだけ。 なるべく、お金を使わず、その辺の物を利用して作る。 エレメントが折れて使用していない. 昨年からQRV(といっても殆どワッチだけ)している1200メガ、アンテナは電波が乗るホイップで誤魔化していましたが、利得が取れるホイップにしてみたくて、144/430でも使える3バンドホイップSG9500Nを導入しました。固定用のGPも考えましたが、今回はモービルホイップにして、根元に直径30cmのアルミ製キャパシティハットをラジアル代わりに入れて、GPとして使うことにしました。 マストの上は4Band ホイップがあがっているので、マストの途中に90cmのアームを出して写真のように設置しました。, 1200メガですので、ホイップのコネクターはN型にしました。モービル基台には、両端がNメスになっている全ネジタイプのN型中継コネクターを取り付けて、SG9500Nと給電用の同軸を中継コネクタを挟んで直結しています。ホイップをM型にして、M型中継コネクタでも同様の形にできますが、M型中継コネクタではインピーダンスが乱れるのでSWRが悪化します。M型中継コネクタはインピーダンス整合されていないことが原因です。430では誤魔化せますが、1200ではかなりSWRが悪くなりますので、N型中継コネクタにしたわけです。近くのマストや同軸の延享が心配ですが、SWRは以下の通りでした。, 144メガ以上のバンドではFMモードが主流ですが、51メガや29メガでもFMでQRVできます。特に春~夏のEスポシーズンは、1000km以上離れたところが、フルスケールの信号で聴こえたりして、中々スリリングなのですが、冬場は静かです。, 144/430にと較べてでている局も少ないためか、アンテナの種類も多くありません。注意すべき点は、同じバンドでもSSBの運用周波数とFMの運用周波数が大きく離れているため、短縮タイプのアンテナではどちからを犠牲にしてチューニングする必要があること。そしてもう一つは、50メガFM対応と記載されてるけど、実際には53メガ前後でSWRが落ちていて、FMの呼び出し周波数の51メガではSWRが3近くになり、現実的には運用が難しい場合があることです。私の経験ではモノバンドを除く50メガ対応のモービルホイップで、50.2~51メガ付近でSWRの底がくるように(SSBでもFMでもどちらでも使えるように)調整できたのはコメットのSB-15、CA-285、ダイヤモンドのSGM911、AZ910の4本のみでした。今回は1本で4バンド対応ということで、手持ちのコメットのUHV-6を改造して、6mを使いやすくしてみました。UHV-6は50メガ対応となっていますが、僕の使い方では53メガ付近で共振しますが、51メガやそれ以下のSSB運用周波数でSWRを落とすことができず、6mバンドでは使っていませんでした。コイツを何とかして28メガ用のエレメントも取り付けて29/51/144/430の4バンドホイップとして使うことにしました。, 手持ちのホイップで430で良く飛ぶホイップを探してみました。またまた、室内実験ですが430は室内でもそれなりの結果が得られるようです。実験はネットワークアナライザにテスト用のホイップと計測用の3エレ八木を接続して特定の周波数(今回は435.00Mhz)でのレベルを読み取る方式です。テスト用ホイップと3エレ八木は1波長以上離しています。計測はハンディトランシーバでの利用状況に近い条件にするため、テスト用ホイップの取り付け基台にはラジアルを取り付けていません。, NAGOYA NA805  -26.9dBFA-S6270C  -27.7dBAH511  -38.8dBHYS TC-669ET  -23.2dBVX-5付属ホイップ  -25.7dBSH-85  -26.3dBHS-702S(改造)  -32.7dBAH-510R  -22.8dBH333(改造)  -23.0dBSG7100R  -22.3dB(モービルホイップ・参考), VX5で使えそうな6m用のホイップが何本かあるので、飛び較べしてみることにした。本来はVX5と一緒にお出かけして、各局からレポートをいただくのが正解だと思いますが、諸般の事情(笑)で簡単な室内実験になりました。エントリーしたホイップアンテナは以下の4本1.ロケットオリジナル トリプルバンドホイップ FA-S6270C2.VX5付属ホイップ(6m対応の長い状態)3.マルドルAH510R(トリプルバンド対応)4.MFJ-1806T, 今回は三脚に取り付けたBNC基台に直径25cmのアルミ円盤をラジアル代わりに取り付けました。6mとしてはグラウンド不足なので、1m程度の電線を数本円盤から垂らしています。SMA仕様のホイップは変換コネクタでBNCにしました。各アンテナの共振点は揃っていませんし、調整できないホイップもありますが、50~54メガ内にはSWRの底がありましたので、SWRの底で計測しました。ホイップにVX5を接続して最小パワーにて送信、ATTを入れたIC7851 で受信してSメータ読みで強さを判別します。ホイップ選びの目安になれば・・・・という趣旨の実験で、あまり真面目な実験ではありません。, 淡路町に行く機会があったので、昼休みにアキバへ。ロケットでロケットオリジナルの3バンドラバーホイップを見つけて買ってきました。VX-5に使える50/144/430のアンテナで、全長140mmくらい。, 上は比較用の第一電波工業のRH-9(144/430/900の3band)SWRは三脚に取り付けた直径30cmのアルミ板の中央にBNCコネクタを取り付けて行いました。今回テストしたロケットオリジナルホイップ FA-S627はSMAなので、変換コネクタ経由で計測しました。個人的にはロケットのオリジナルアンテナは今まで色々な種類が販売されていますが、結構買いというのが僕の感想です。さて、今回は? ターの組み合わせは 144MHZ 用モービルアンテナと. 21MHz ----- 47pF 穂先が折れて使えない古い釣竿。 モービル/移動運用 モービルヘリカルホイップでもqsbは深いですが入感しています。 此れから春のコンディションに向けて 今年は兵庫県内18mhz帯でこの自作ヘリカルホイップを使って 無線局のqrvが少ないqthから移動運用して見ようと思います。 0000000963 00000 n 0000152674 00000 n 14MHz ----- 220pF %%EOF %PDF-1.4 %���� 0000060762 00000 n 車載運用の標準アンテナともいえるモービルホイップ。ポピュラーなVUHF帯用のモービルホイップは利得があるタイプも多く、高所から運用すればそれなりの飛びが期待できる。一方、HF帯用のモービルホイップは1/4λフルサイズとなると28MHz帯ですら約2.5m長で、それ以下のバンドであればさらに長くなるため、市販品のモービルホイップはほとんどが短縮タイプである。, 短縮率が大きくなれば、輻射効率は低くなるので一般的に電波は飛びにくくなる。しかし短縮してもきちんと同調さえすれば、電波は輻射されるので交信すること自体は不可能ではない。たとえば3.5MHz用の全長1mのモービルホイップは、短縮率が1/20のわずか5%である。それでもQSOすることはできる。ただし、このアンテナでコンテストに参加して楽しめるかというと、決してそうではない。短縮率が極端に大きいと、飛びもかなり悪くなるからである。, 今回テストしたのは、第一電波工業製の「HF40CL」という型番の、全長2.2mでセンターローディング方式の7MHz用モービルホイップである。7MHzで全長2.2mなので、単純計算では2.2/10=22%の短縮率である。この短縮率でコンテストを楽しめるかどうかを試してみた。なお、このアンテナの耐入力は「SSB 200W」なので、50WならCWでも問題なく使用できそうだ。, このアンテナを入手直後の8月6日(土)~7日(日)に開催された、JARL主催フィールドデーコンテストで試用してみた。HF用のモービルホイップでは使い始めに調整が必要である。自分が運用するおおよその周波数を決め、そのあたりにSWRの最下点が来るように、エレメント長を調整する。, 今回はフィールドデーコンテストの電信部門に出るつもりなので、運用周波数帯は7010~7040の30kHz幅となる。よって中心周波数を7025kHzに合わせると良いことになる。取扱説明書によると、このアンテナでSWR1.5以下で使用できる帯域は、上手い具合にちょうど30kHz幅だった。, イモねじを六角レンチで緩めて調整する。 CQ Digital WAZ trailer \9re`uG�oJ���DZ@*8��n�\�PD%Nƃ:�^����J�ѕ2K��1�u���v@�*΋�#NV5RA�T"�H��̈F�]� /������D��K��H����$x9)��� ^�e������*I�C�x�d٧NY삏��. startxref 18MHz ----- 100pF 0000000016 00000 n コイルは3.5MHz、7MHz、10MHz、14MHz、18MHz、21MHz、24MHz、28MHz、50MHz用を持っています。以前売っていた自作用のコイル以外は全て持っていることになります。 2000年10月15日の群馬県CWクラブ移動運用ではこのモービルホイップを使いました。 101 0 obj <> endobj モービルホイップx2ダイポールの製作 2009.09.20 ベランダアンテナ 給電点の改善 2009.09.13 ベランダへのローテーター設置完了 2009.09.12 アンテナ(アパマンハム) アマチュア無線・ソフト 0 endstream endobj 102 0 obj <>/Metadata 13 0 R/PieceInfo<>>>/Pages 12 0 R/PageLayout/OneColumn/StructTreeRoot 15 0 R/Type/Catalog/LastModified(D:20120525162224)/PageLabels 10 0 R>> endobj 103 0 obj <>/ColorSpace<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/ExtGState<>>>/Type/Page>> endobj 104 0 obj <> endobj 105 0 obj <>stream 0000002842 00000 n 28MHz ----- 47pF 0000001135 00000 n パソコン・インターネット MT1 (21/28) Trap (facing outwards has 25 turns) - - (facing inwards has 15 turns)MT2 (24.9) Trap (facing outwards has 0 turns) ----- (facing inwards has 20 turns)MT3 (21/28) Trap (facing outwards has 25 turns) --- (facing inwards has 15 turns)※寸法やコイルの巻数はリビジョンで異なる模様、上記は未確認情報ですFT8用トラップチューニング(便宜的にSWRの底をfoとしてます), MT1  25回巻  16.2MHz  15回巻  23.8MHz   10m fo28.2にて15mが20.8 NGMT1  24.5回巻  16.9MHz  14回巻  24.8MHz  10m fo28.2にて15mが21.1 OKMT1  24.5回巻  16.9MHz  13.5回巻  24.9MHz  10m fo28.4にて15mが21.1 △MT1  24.5回巻  16.9MHz  13回巻  25.2MHz  10m fo28.4より下がらず NG※アメリカンフォーンバンドの運用を前提にしているみたい(当然ですね)※数値は自分用のメモ、かなりいい加減な計測です。また環境で大幅に変わります。トラップの加工は自己責任で・・・・。10m&15mのトラップが一本に纏まっており、どちらかのバンドを犠牲にすれば、トラップ内部のコイルを触る必要はありません10m&15m両方ともFT8用として調整するとオリジナルでは無理があります。, MT3  25回巻  16.8MHz  14回巻  24.6MHz  MT1と同一, IC-9700が人気で、トライバンダーがブーム?のようです。僕もちょっと古いトランシーバーですが、発売当時に「いいなぁ~♡」と思っていた144・430・1200のトライバンダー、TM-941を入手しました。3バンド同時受信がウリです。, 人生初の1200メガ、JARDに保証をお願いして変更手続も終わりましたが、困ったのがアンテナ。ヤギの上に取り付けたモービルホイップを1200メガ対応のホイップに取り替えるつもりでしたが、種類が少なくて選択の幅が狭い。, 簡単にいえば、お手頃価格のホイップがありません。チョロッと遊ぶだけのつもりなので、立派なホイップではなくて、簡単なものが欲しいわけです。そこで手持ちのホイップに「1200が乗るかも・・・」などと甘いことを考えて、片っ端から調べてみました。, いゃぁ、あるんですね。1200がナントカ乗っちゃうホイップが。コメットのSBB2です。アンテナアナライザーで調べると図のような特性で、1200でも一応SWR2以下で使えるようです。, 一カ月以上使っていますが、1/4λなのか1/2λ?いや、5/8λなのか動作している条件は不明です。SBB2は1200メガで都内やお隣の県のレピータもアクセスできるので、ソコソコ使えています。もちろん1200に正式対応したホイップより性能は劣ると思いますが、使えるのと使えないのとでは大違い。とりあえずのローカルQSOに必要な電波が出て行く・聴こえるレベル以上でSBB2が使えています。7メガのダイポールに21メガが乗るのと同じ理屈かな?144メガのSWRが悪いのは、たぶん、マッチングコンデンサを僕が飛ばしてしまったためではないかと思います。, pskreporterにスポットしている受信システムのアンテナをOPantenna Ver.10にアップグレードしました。Ver.10は160m~30mバンド用としてチューニングしたローバンド版。2mや6mでは使えませんが、その分ローバンドの感度を上げています。一昨日の午前中に取り替えたので、24時間以上運用していますのでpskreporterで「24時間」を指定しても、Ver.10にしてからの受信状況が表示されます。, pskreporter用のアンテナは、ハイバンド用のヤギ、MA-5Bの上に上げてありますが、MA5Bも含めたアンテナマストの上下は人力です。本来はVer.10の給電点にはゴツイ中波帯向けのコモンモードフィルターを挿入すべきですが、今回は重量の関係から断念。結果として同軸受信した信号が本来のアンテナ(プローブ)での受信成分に加算され、3~10dB程度感度があがってしまいました。, 感度があがるのは嬉しいですが、中波のお化けが出現するのは不味いです。それにそのままではSDRの入力でオーバーフローしちゃうので、SDRのRF増幅率はほぼ0dBに設定してあります。アンテナ整備の機会をみて、Ver.10の増幅率を下げて対応したいと思います。, 逆にいえば、アンテナ給電点の中波帯コモンモードフィルターは、それなりに効果がある・・ということですね。思わぬ反証実験になりました。, --売ります--

.

A列車で 行 こう Exp 子会社 7, ファイヤー ラック 自作 21, ピクセル 3a 動画 保存 4, 最後まで 削れる 鉛筆削り 5, Asus Zenpad 10 分解 26, J815 J715 違い 6,