新型レヴォーグの過半数を占める「STI Sport」。人気の秘訣はネガ払拭した「快適さ」にもあり!? 9 点 レヴォーグの中でも最上位グレード!高いだけあって、 300馬力のパワー 、 18インチのsti標準アルミホイール 、 進化したビルシュタイン製ダンパー 、 専用の本革シートを装備 しており、走る喜びを体現したモデル。 レヴォーグの乗り心地 初めてのフルモデルチェンジ。2代目となった新型レヴォーグのグレードの中でも全体の約57%を占めて大人… 修理対応中のレヴォーグがstiエキゾーストキットをつけて戻ってきた。 営業担当者が出社前に私の家に寄って拾ってくれて、ディーラーで引き渡しです。 修理対応については、過去の記事を読んでいただければどの部分を修理したのかわかります。 このランキングにおいて、最高出力(馬力)が最も大きかったのは VAB型 WRX STI [type RA-R|2018/07]の 329PS 、最も小さかったのは RA2型 プレオ [LS-Limited|2003/06]の 46PS で、その差は283PS、また該当する全ての車種の平均は 148.2PS という結果になりました。 新型レヴォーグの過半数を占める「STI Sport」。人気の秘訣はネガ払拭した「快適さ」にもあり!? スポーツグレードが異例の人気!! ヤリス絶好調の裏で苦悩 かつての大ヒット車トヨタアクアの行末, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. レヴォーグ2.0、メーカーデーターで300馬力とか公表されているが実際のところ250~270馬力らしい。 で、この開き一割強。 トルクや馬力ってグロスでなくネット表示じゃないの? 単にエンジン単体で測った数値なのですかねぇ? 書込番号:20216759. ?【ベストカースクープ戦記】, 置き去り? マツダの新鋭MX-30は激戦区SUVで存在感をだせるのか?, ダットサントラック再来!? その1.レヴォーグSTI Sport(1.6L車)の馬力とトルクを評価! 出典:subaru.jp . ョンワゴンが欲しいというマイルドな人に向けたグレードであり、車に加速を第一に求めるような人に評価される車ではありません。 俺の一言! 数値に表れないスバルらしいどっしりとした走り味を、実用域で扱いやすくセッティングされたのがレヴォーグ STI Sport( 1. 6L)が追加された当初は、レヴォーグ購入者の約 4割近くがこのグレードだったらしいので、マーケティング的には成功しています。 しかし、車は走れてナンボという古い考えを持つ私にはなかなか理解しがたいコンセプトとなっています。. ここでは、エンジンの排気量・ボディタイプを問わず、株式会社SUBARUが製造・販売した車を集めて、最高出力(馬力)が大きいものから順番に並べています。, ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。, このランキングにおいて、最高出力(馬力)が最も大きかったのは VAB型 WRX STI [type RA-R|2018/07]の329PS、最も小さかったのは RA2型 プレオ [LS-Limited|2003/06]の46PSで、その差は283PS、また該当する全ての車種の平均は148.2PSという結果になりました。, ※全高1550mm以下でセダンのトランク部分を切り落とした形状のものをハッチバック、セダンの屋根部分を延長して積載性を重視したものをステーションワゴン、2ドアのものをクーペ、全高1550mmを超えるもので5人乗り以下をトールワゴン(ハイトワゴン・ミニバン)、6人乗り以上をミニバンとして分類しています。, 概説:2018/07モデルのVAB型WRX STIに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力329PSを7200rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は165.0PS/L、PWRは4.500kg/PS。, 概説:2017/10モデルのVAB型WRX STIに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力329PSを7200rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は165.0PS/L、PWRは4.590kg/PS。, 概説:2015/10モデルのVAB型WRX STIに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力328PSを7200rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は164.5PS/L、PWRは4.600kg/PS。, 概説:2011/11モデルのGVB型インプレッサ セダンに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力320PSを6400rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は160.5PS/L、PWRは4.590kg/PS。, 概説:2010/01モデルのGRB型インプレッサ STIに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力320PSを6400rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は160.5PS/L、PWRは4.594kg/PS。, 概説:2006/11モデルのGDB型インプレッサに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力320PSを6400rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は160.5PS/L、PWRは4.340kg/PS。, 概説:2006/01モデルのGDB型インプレッサに搭載されるEJ20型・水平対向4気筒1994ccのターボエンジンは、最高出力320PSを6400rpmで発生。排気量1リットルあたりの馬力は160.5PS/L、PWRは4.530kg/PS。. 【新型スバルWRX STIは400馬力! 最終更新日 : 2020/09/01 06:30, 伝統のEJ20がショートストロークならではの高回転・高出力を特徴とする一方で、スクエアストロークのFA20DITは低中速トルクの太さが魅力。燃料直噴ならではの高圧縮ターボで、レスポンスに優れるのもポイントだ。, ストイックなスポーツ思考だとミッションがCVTだということがマイナス要素に思えるが、2ペダルでイージードライブできることはストリートでは有利。それにユーティリティ抜群のワゴンボディでVAB以上の走りを実現すれば、それは痛快そのものと言えるだろう。, そのカギを握るのが、AVOターボワールドのタービンキット(25万円)。ギャレットT25系のオリジナルタービンで、400psオーバーも可能な風量を持っているが、取材車両はCVTとのマッチングを考えて最大ブースト圧1.3キロに抑えて360psを発生。このパワーがあれば、VABのブーストアップ仕様とも互角以上に戦うことが可能だ。, なお、この時に燃料系の強化は必要なし。直噴インジェクターの容量も十分。燃料ポンプも純正のままでOK。もちろん、ECUセッティングは必要で、AVOターボワールドでは純正書き換えで対応する。ちなみに、タービン交換とECUチューンの予算は50万円〜が目安になるそうだ。, そして、FA20DITチューンで重要となるのが吸気系。「特にインタークーラー交換は効果的ですね。純正はインタークーラーの出口径が入口径よりも細いんです。高性能の大容量タイプに換えることで、吸気温度の低減に加えて圧力損失も抑えられますので、レスポンスが格段に高まりますよ」とはAVOターボワールドの江角さん。, レヴォーグやWRX S4のミッションはCVTのみの設定となるが、ターボ特有のトルク変動を吸収できるのが無段階変速機であるCVTのメリットだ。AVOターボワールドはその魅力を最大限に引き出すようセッティングを施し、低速域からの切れ味抜群の加速力を発揮させる。, 新型レヴォーグの登場により、さらに狙い目のチューニングベース車両となるVMG型。今後盛り上がっていくであろうレヴォーグチューニングから目が離せない。, ●問い合わせ:AVOターボワールド 東京都昭島市武蔵野2-13-13 TEL:042-549-1296, 「ミニバンでこのカッコ良さは反則級!?」車検対応ギリギリを攻めるスタイル重視のFR5ジェイド!, 「VIPをこよなく愛する女性オーナーのアリストを捕獲!」ワンオフ尽くしのフルカスタム仕様に仰天, 「最強GT-Rの血を継いだストリート無双スペック」トルク120キロの快適仕様とかどうかしてる!, 「トップチューナーがBBS LMを選ぶ理由」色褪せない輝きを放ち続ける不屈の名作【最強ホイール解体新書】, 「トヨタ86合法仕様の頂点を目指すオーナーの情熱」すでに完成度はショップデモカー級!, 「フェラーリをシルビアのように扱う男の愛機」実測300キロを叩き出す360チャレンジ・ ストラダーレ!, 「このルックスでターボ+MT+四駆!」コアな車好き専用モデル『ミラジーノミニライトスペシャルターボ4WD』【ManiaxCars】. !】EJ20の後は新開発の2.4Lターボ降臨!. スポーツグレードが異例の人気!! 初めてのフルモデルチェンジ。2代目となった新型レヴォーグのグレードの中でも全体の約57%を占めて大人気なのがSTI Sport(EX含む)だ。, だろうね! というのが筆者の印象。JARI、袖ヶ浦フォレストレースウェイと2度の試乗を経験して、筆者的に欲しいと思ったグレードがやはりSTI Sportだったからだ。それも最新バージョンのアイサイトXを搭載したSTI Sport。, スバルの現行ラインナップの中には新型レヴォーグの他にインプレッサ、WRX S4にもSTIスポーツが設定されているが、今度のレヴォーグSTI Sportは一味違う。では何が異なるのか? 試乗レポートとともに解説しよう。, 【画像ギャラリー】エンジンルームやコンソールなど本文未掲載写真も 普通のスバルとひと味違う! 新型レヴォーグSTIスポーツ, プラットフォームは、インプレッサやフォレスターと同じSGP(スバルグローバルプラットフォーム)だが、先にインナーフレームを構成させ、外板パネルを後から接合させる制作手法や構造用接着剤を拡大させ樹脂リンフォースを採用。ねじり剛性が先代に対して+44%向上している。, 実際に新型レヴォーグをドライブしてすぐに感じるのがそのボディのカッチリとしたしっかり感。室内静粛性が格段にアップしているから余計にそう感じるのかもしれないが、ボディはスチール製だから必ずどこかが捻じれるはずなのに、全くと言って良いほど歪みを感じさせない。, このことは袖ヶ浦フォレストレースウェイで限界域を超えてアタックしているときにも感じることで、それゆえにこれまで以上にサスペンションの動きを感じ、捉えて、コントロールすることができるようになった。, で、そのサスペンションの動きというところがSTI Sportのポイント。他のレヴォーグのグレードにはない、しかもスバル初採用となる「可変減衰力電子制御ダンパー」を採用しているのだ。, このダンパーのサプライヤーはメルセデスなど広く欧州スポーツ車にも採用されるZF社だ。とはいえ優秀なダンパーをポンと付けただけでクルマの性能が上がるわけではない。, そのためのインナーフレーム構造であり、構造用接着剤であり、サスロングストローク化(前:25%、後:5~10%)なのである。そして、この可変ダンパーの制御を含めた総合的プログラムが、ドライブモードセレクトだ。, ドライブモードセレクトはCOMFORT、NORMAL、SPORT、SPORT+、INDIVIDUAL(お好み設定)の5つのドライブモードで構成されている。, それぞれのモードによってプログラミングされるのはSI-DRIVE(i、S、S#)、パワーステアリング、ダンパー、AWD、アイサイト(ACC)、エアコンの6種類だ。INDIVIDIALはこの6種類を自由に組み合わせることができる。, 特にここで注目なのがこの可変ダンパー。可変ダンパーそのものにはComfort、Normal、Sportの3段階の減衰力特性があり、ドライブモードによって変更される。, このドライブモードがNORMALとSPORTの時に可変ダンパーはNormalの減衰力で、SPORT+にセットすることで可変ダンパーも最強のSportになる。そしてCOMFORTは可変ダンパーが最も緩いComfortに設定されるのだ。, このなかで筆者が最も注目したのがCOMFORTモード。レヴォーグの乗り心地はこれまで硬かった。初期モデルは驚くほどの硬さだったが、年次改良などでスムーズ化されてきた。それでもアジリティ(編注:軽快さ、機敏さなどの意)などスポーツ性を重視して比較的硬めのサスが売りだったのだ。, しかし、今回設定されたCOMFORTモードは恐ろしくソフトで快適だ。サスペンションストロークを長くしたことと相まってかなり快適。ロールもステアリングを切り込むと同時に意外に速くサスペンションがストロークする。, ただ、ロールしきったとき、コーナリング中のタイヤがべったりと路面に吸い付くような安定感が支配し、全く不安感がない。つまり、乗り心地優先のCOMFORTモードでもコーナリングが楽しめるのだ。2ピニオン電動ステアリングの採用もこの正確なステアリングワークを可能にしている。, しっかりとした腰のあるダンピングに変化し、ロールの速度が遅くなるので転舵したフロントタイヤの変形が早まり、そのぶん操舵に対する応答性が速くなる。インナーフレームによる剛性アップと2ピニオン電動ステアリングの手応えをしっかりと感じる瞬間だ。, ダンピングのストローク特性が変化するだけだから最終的なロール量は変わらないのだが、そこに至る速度が遅くなるから(特に伸び側)、感覚としてロールを感じにくくなり、ロール角が少なくなったように錯覚する。, これによって袖ヶ浦フォレストレースウェイの第2コーナーを全開で加速しながら120km/h以上の速度で駆け抜ける。, またESC(横滑り防止装置)をオフにしてコーナーへの飛び込みをチャレンジしたのだが、ブレーキングを残しながらのコーナー進入で実にゆっくりとリアが流れ始める。, アンダーステアな予感はなく、どこまでもフロントタイヤはフロントのグリップ感をステアリングにフィードバックしている。AWDの制御も適切だから、リアがスライドしてもコントロール性を維持したまま思い通りのラインをトレースできた。, もっともESCをオンにしていれば滑ることなく安定したコーナリングが可能。オフにしたのは素の特性がどうかということで、ここでアンダーやオーバーでは素性が問われるのだ。, 新型レヴォーグは明らかに素性が良い。それはSTI SPORTではない他のコンベンショナルなダンパーを装備したグレードでも同じような特性だったから。, 新型レヴォーグに試乗して感じるのは、これまでの車格を2ステップほど一気に駆け上がったような質感だ。, エクステリア/インテリアのデザイン的質感だけでなく、室内静粛性や走行時の安定感、さらにコーナリングの落ち着き感といったトータルなキャラクターが引き上げられた。, STI SPORTと他のグレードとの違いは乗って走らせればわかる。他グレードも質の高いモデルに成長したが、STI SPORTはさらに厚みのある熟成モデルだ。, 絶賛評価が続々!!

.

二級建築士 製図 かなばかり図 20, ハイエース 100v ヒューズ 5, カメラ 世界シェア 2019 4, ヤマハ レンジフード Cyd 5, トラック 冷蔵庫 設置 6, ホームページ に Mp3 5, ニコ 動 And 検索 4, Wrx Sti 購入 ブログ 22, 仲直り 占い 友達 5,