こそだてハック, 犬や猫を飼っていると、生まれた赤ちゃんに悪影響はないのかと気になりますよね。実際、赤ちゃんが犬や猫に対して蕁麻疹や呼吸困難などのアレルギー反応を起こすことがあります。犬や猫と同居していて大丈夫なのだろうかと不安を感じているママやパパのために、今回は赤ちゃんの犬・猫アレルギーについて症状や対策、自然に治ることがあるのかといったことをご紹介します。, 犬・猫の毛や唾液などがアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)になって、赤ちゃんがアレルギー症状を引き起こすことがあります。, これは、赤ちゃんの体に備わっている免疫機能が、体内に入ってきた犬・猫の毛や唾液などに対して、過剰に反応してしまうために起こります。, 赤ちゃんが生まれてからずっと咳や湿疹がひどいと思ったら、実は家で飼っている犬や猫が原因だったということも珍しくありません。犬や猫と同居しているからといって、必ずしも赤ちゃんに犬・猫アレルギーが現れるわけではありませんが、注意する必要があります。, 犬・猫アレルギーは、主に犬・猫の体毛やフケ、唾液、尿といったものが赤ちゃんの体内に入り込むことで起こります。赤ちゃんがそれらを息と一緒に吸い込んだり、触れた手を舐めたりして発症します。, 特に、犬や猫の毛が生え変わる「換毛期」と呼ばれる春と秋には注意が必要です。また、両親に犬・猫アレルギーがあると、赤ちゃんにその体質が遺伝して、犬・猫アレルギーを発症する可能性があるといわれています。, 赤ちゃんが犬・猫アレルギーを持っていると、たいていの場合、犬や猫のいる部屋に入るか、触れ合うかしたときに、くしゃみや咳、鼻水、目の充血、湿疹などが現れます。ごくまれですが、重症化すると呼吸困難や意識障害が起きることもあります。, 目の前に犬や猫がいなくても、犬や猫がいた空間に入るだけで症状が現れる場合もあります。そのため、赤ちゃんが犬・猫アレルギーになったときは、どのような状況でアレルギー反応が出るか把握しておくと、その後の対処がしやすくなります。, もし犬や猫を飼っていて、赤ちゃんに湿疹やくしゃみ、鼻水といったアレルギー反応らしきものが頻繁に出るようであれば、小児科や皮膚科、アレルギー科のあるクリニックを受診して、アレルギー検査を受けるようにしましょう。, 病院では、基本的に血液検査が行われ、犬や猫に対してアレルギー反応を起こす「IgE抗体」があるかどうかを調べてもらいます。犬や猫に対してのIgE抗体が血液中に多く含まれていると、犬アレルギーや猫アレルギーの可能性が高いと診断されます。, 赤ちゃんに犬・猫アレルギーの症状が出てしまう主な原因は、犬や猫への接触です。そのため、犬・猫アレルギーの対策としては、犬や猫と接触させないようにするのが一般的です。, しかし、すでに室内で犬や猫を飼っている場合は、接触させないようにするのが難しいかもしれません。, そんなときは赤ちゃんと犬・猫が同居できるよう、以下のポイントに注意して、アレルゲンに触れる機会をできるだけ減らすようにしてください。, 室内で犬や猫を飼っているなら、赤ちゃんが成長するまで外で飼うようにしましょう。マンションのように外で飼えない場合は同じ部屋で過ごす時間を減らし、赤ちゃんの寝室には犬や猫を近づけないようにして、できるだけ生活するスペースを分離してください。, 動物の毛やフケを吸い込むことで症状が現れるので、犬や猫の皮膚を清潔にしておきましょう。定期的にシャンプーしたり、トリミングしたりすることが大切です。, ただし、ペットのシャンプーのしすぎは皮膚を乾燥させ、皮膚炎にさせてしまうこともあるので、獣医師に相談しながら適切なケアをしてあげてくださいね。, 犬や猫のエサの皿はきれいに洗って片付けておきましょう。トイレの場所も赤ちゃんが近づけないところに設置して、目を離した隙に触れてしまうことがないようにしておくと安心です。, エサ皿やトイレなどのペット用品を清潔に保つのはもちろんですが、家の中の床や廊下の掃除も定期的に行いましょう。掃除をしておけば、犬・猫の毛やフケが舞い上がって吸い込んでしまうリスクを減らせます。, カーテンにアレルゲンが付着すると、窓を開けて空気が出入りするときに、部屋にアレルゲンが飛散してしまうことがあります。それを避けるため、特にカーテンはこまめに洗濯してください。また、部屋の空気をきれいにするために、空気清浄機を使うのもおすすめです。, 赤ちゃんが犬・猫アレルギーを発症すると、どう対応すればいいか悩むものです。赤ちゃんの体を守ることは必要ですが、ペットも大切な家族の一員ですし、簡単に手放すようなことはできませんよね。, だからこそ、赤ちゃんの犬・猫アレルギーをしっかりと検査して、症状にあわせて赤ちゃんとペットの両方が快適に過ごせる環境を作ることが不可欠です。, 赤ちゃんとペットの生活空間をうまく分けたり、家具やカーテンをこまめに清潔にしたりして、家族みんなが幸せに暮らせる環境を少しずつ作っていけるといいですね。, 2018年7月24日 それは辛い…というわけで、今日は動物アレルギーの子供とペットと一緒に暮らす方法(我が家の場合)をお伝えします。, アレルギーが発覚した生後6ヶ月頃の長女は、犬と同じ部屋に入るだけで目を痒がる状態でした。, 当時アレルギーのかかりつけにしていた病院を受診する度に「犬はまだ処分してないの?子供が死んでもいいの?」と言われました。, というわけで少し遠くの総合病院で週に1度しか診察していない小児アレルギー専門科を受診することになりました。, その病院の先生は、「そりゃ飼わない方がいいけど、犬だって家族だしねぇ」と笑って、犬(猫)との共生の仕方を細かく教えてくれました。, 小5の長女の犬・猫アレルギーの数値はクラス4。 我家にも犬アレルギーの子供とそして犬が2匹います アレルギー症状は人それぞれなので参考までにうちの子の場合を うちの子は生後5ヶ月で犬のフケ クラス3 10ヶ月では31.2のクラス4 1才4ヶ月で17.8の … 予防のためにも、ペットの定期的な予防接種は必ず受けるようにしましょう。, 主に猫が感染源とされている、トキソプラズマ症も注意しなければならない病気です。 赤ちゃんが生まれ、両親の関心が赤ちゃんにばかり向いてしまうことは、ペットにとっては寂しさのあまりストレスとなってしまうことがあります。 そこで赤ちゃんに犬アレルギーの症状が出てしまったときの対処法や、治るのだろうか、という疑問ついて実体験をもとに詳しくご紹介します。, 赤ちゃんが、アレルギー症状を起こすとしたら、犬の何が原因でなるのかと言うと、それは「犬の毛などについたフケ」が主な原因でなります。, イメージ的には、犬の毛が原因のように思いますよね。ところが、もっと原因は細かくて、犬の毛についているフケが赤ちゃんの体内に入ることによって、アレルギー症状が起きます。, これは、ハウスダストや花粉症と同じようで、治療法もほとんど同じです。ただし、たまに、なぜか動物にだけアレルギー反応が起きる子もいるようです。, こういったことが一般的な症状ですが、重篤になると、呼吸困難などを起こしたり、喘息になったりすることもあるようです。, 犬も大事な家族ですよね。ですから、赤ちゃんが生まれるとわかっていても、もともと飼っていた犬を粗末にはできないものです。, 私の家では、子供が小さい頃に後から飼ったのですが、アレルギー症状が出てしまいました。, ですが、赤ちゃんがアレルギーになるかならないかは、生まれてみなければわかりませんよね。そして、実際に生まれてから、犬と一緒に生活していてアレルギーになってしまったら、どうすればいいのでしょうか。, もともと犬を飼っていて、赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃんがアレルギーになってしまった、という時、親としてはものすごく悩みますよね。赤ちゃんはもちろん大事ですが、犬も、今までずっと一緒に生活をしてきたのですから、なるべくなら一緒にいたいと思うし、捨てるなんてできません。, そんな時は、まずは赤ちゃんのアレルギー症状がどの程度なのか、血液検査をしましょう。, わが家も、犬はあとからきましたが、血液検査をしたら、「スギ、ヒノキ、ダニ、ハウスダスト、ペットのフケ」と、なんと全部出てしまいました。ですが、そのまま飼い続けましたし、幸いにも、子供に重篤な症状は出ませんでした。, おそらくですが、犬がいて、赤ちゃんがアレルギーになったとき、わが家のように、犬やペットの他にも色々ひっかかる項目があると思います。, これらは、ちゃんと血液検査をしてみないとわからないので、必ず検査をして、アレルギーの度合いを確かめます。ちなみにうちの子は、かなり重度でしたが今でも健康に生きていますよ。, 赤ちゃんがアレルギーだった場合には、なるべく、アレルゲンから遠ざけたくなるのが親の心理ですよね。私もそうでした。, ですが、アレルゲンを遠ざけるということは、もう犬は飼えない、ということになってしまいます。私は、それだけは嫌だったので、とにかく医師に言われた通りに最善を尽くすことにしました。, まずは、部屋の徹底的な掃除に始まり、ちゃんともらった薬は飲ませる、そして犬も定期的にシャンプーをして、なるべく部屋に犬の毛が落ちたままにしないようにこまめに掃除機をかける、換気をする、などです。, こういった努力で、気が付いたら、わたしの子供は犬に関しては、ほとんどアレルギー症状が出なくなりました。つまり犬の存在が悪いのではなくて、犬の毛についたフケがよくないだけなので、そこを徹底したのがよかったのかもしれません。, これは、私の経験から言うと、「いつかは治ってしまいます」。耐性がつくからなんです。, ですが、誰もがそうではないと思うので、重篤な場合には、本当に犬と赤ちゃんは引き離すべきなのかもしれません。ですから、あくまでも参考までにしてくださいね。, あくまでもわが家の場合、としての話ですが、子供が犬のフケに対してアレルギーを持っている、とわかると、みなさんどうしてもあまり触らせたくないと思いますよね。私もそうでした。, ですが、はっきり言ってしまうと、犬ともずっと一緒に暮らしたいのであれば、絶対にそれは限界があります。, ですから、わが家では、子供の症状が落ち着いてきてからは、定期的なきちんとした服薬、そしてこまめな掃除意外は、特に何もしませんでした。花粉症も酷かったので、薬はもともと飲まなければいけなかったということもあります。, すると、ある時、定期検査で、再び血液検査をしたところ、アレルギーの数値がずいぶん下がっていたんですね。その時の小児科医さんいわく、「ちゃんと掃除や換気をしていて、薬も飲んでいればある程度耐性がつくもの」なのだそうです。, つまり、あまりにも神経質になりすぎても、子供からアレルゲンをすべて排除することは無理ということのようです。例え、家ではなくても、他の人の家に行けば、もしかしたら犬や猫がいるかもしれませんし、ダニやほこりも多い時だって、ありますよね。, こういったところまですべて排除して、子供を「無菌状態」にしても、いつまで経ってもアレルゲンに対する「耐性」がつかないので、治るものも治らないと思うのです。, ポイントは、徹底した掃除や換気、そしてあとは様子を見守るくらいのほうが、いいのかもしれません。, 重篤なアレルギー反応で言うと、喘息や、おさまらない湿疹やかゆみ、最悪の場合には喘息による呼吸困難、などがあります。もしどうしても、赤ちゃんのこうした症状が改善されない場合には、犬を手放すことも、仕方がないのかもしれません。, ただし、実家に預ける、知人に貰ってもらうなど、せめて飼い主として、犬にとって悲しいような手放し方はしないでください。またいずれ、一緒に住める日が来るかもしれませんから、そういう未来のこともよく考えて、引き取り先を探すべきだと思います。, 赤ちゃんのアレルギーは、犬や花粉やハウスダストだけではなく、食物アレルギーなどもあったりと、初めのうちはハラハラしますし、大変ですよね。, ですが、きちんと血液検査をすれば、何に対してどの程度のアレルギーを持っているのかはよくわかる時代なので、怪しいな、と思ったら早めに検査をして、検査の結果によって、犬と一緒に暮らすのか、暮らさないのか、また、子供をアレルゲンからどの程度遠ざけるべきなのか、よく考えてみてくださいね。, 中には、わが家のように簡単に耐性がついてしまう場合もあるので、あまり深刻にならずに、長い目でみて考えるということも、視野に入れてみてください。. アレルギーのリスク. 詳しい情報はこちら. 赤ちゃんが生まれるタイミングで、ペットと赤ちゃんの同居について本当に大丈夫かな?と悩んだ経験をお持ちの方もいるかもしれません。, ペットとの同居は、赤ちゃんが得られるメリットもたくさんあるといわれています。 ペットの基本的なしつけは当然ですが、ペットがむやみに赤ちゃんを舐めたり、手をかけたりすることがないようしつけることで、赤ちゃんとの共同生活がより安心できるものになります。, 赤ちゃんから目を離さなければならないときは、ペットを一時的にゲージに入れ、むやみに接触することがないようにするなど、万が一の事故が起きないように管理することも時には必要になるかもしれません。, 赤ちゃんとペットが一緒に暮らし始めて日が浅い時期は、最初は赤ちゃんをしっかりと抱いて安全を確保した上で、ペットに匂いを嗅がせる程度のコミュニケーションから始めて、少しずつ慣れさせると良いでしょう。, また、ペットのメンタルをケアすることも大切だといわれています。 というのも犬の介護にブレスエアー風のベビー用マット(参考犬の介護ベッドはブレスエアー風のベビー布団が良い!【エアインパクト】)を使用しているのですが、洗ったらすぐ乾くし寝心地も良く、アレルギー対策にはすごくいい♪ 場合によってはペットが入れる場所を制限するなど、赤ちゃんとの適切な生活距離を保つことも必要になります。, 動物は、たくさんの細菌やウイルスを持っています。 2018年7月13日 そんなときには、ペットとふれあってみてください。, 動物とのふれあいによる癒し効果は「アニマルセラピー」とも呼ばれ、不思議と気持ちが落ち着いたりストレスが軽減されたりなど、確かな効果が立証されています。, お母さんの気持ちが癒されることによって、また育児を頑張ろうと思えるはず。結果として赤ちゃんも喜ぶポジティブな連鎖が生まれるでしょう。, 〒352-0021 小5の長女の犬・猫アレルギーの数値は クラス4 。 クラス6が最高なので、比較的高い部類です。 でもよく考えると、春は クラス6を振り切っているスギ花粉の中で生活してるんだからクラス4の犬猫との暮らしは不可能ではない! ママチャリに子供を乗せて、幼稚園や保育園への送迎で、一生懸命にペダルをこいで急いでいるお母さんをよく見かけますよね。 その時、子供さんはどこに乗っていますか?大抵は前か後ろですよね。 だから自転車を選ぶなら、まず最初に決めるのが... 赤ちゃんが生まれて、乳歯が前歯から生えてきて、全部揃ったと思ったら今度は永久歯に生え換わる時期がやってきて、中学生くらいになるとようやくすべての歯が永久歯に揃います。 奥歯の乳歯とは、「第一小臼歯」や「第二小臼歯」のことです。... わくわくの遠足♪ 準備をしていてはっと気づいたことがありました。 「子ども用のリュックがない!」 普段は、私と一緒に出掛けているから、そのため子どもにたくさん入るリュックなどを持ち歩かせません。 なので、急いで子供のリュック... ミルクや母乳だけの時期が終わり、生後6~7ヶ月くらいになると離乳食について考えないといけませんね。 ミルクのほうが楽だけど、それではいつまでたっても普通の食事にたどりつけませんから、がんばるしかありません。 ここを乗り越えると、... 2019年末から世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス。 世界では感染者が300万人にせまり、20万人以上の方が亡くなっています。 日本国内では1万3千人以上の方が感染し、死者は400人にせまる勢いです。 そんな新型... ワーママは一日中大忙し。 特に忙しいのは「朝」ですよね。 朝ごはんとお弁当の2食分を朝から作るママさんも多いですよね。 家族がバタバタと準備する中で、自分の用意もしなきゃいけません。 そうやってバタバタとしているうちに、... 待ちに待った幼稚園の運動会! 子どもが小さい体で一生懸命がんばっている姿をビデオで残しておきたいですよね。 運動会でビデオ撮影される方も多いと思います。 写真と違って、動いている様子を記録に残せるのがいいですね。 でも、... 誰でも最初は、ベテランママになるわけではありません。 最初の子育てに不安や、とまどいや、悩みを抱えて乗り越えて、そして、大きく成長して素敵なママになっていくものなのです。 赤ちゃんはかわいくってしょうがないけど、こんな時はど... 今、うちには子供が2人(6歳のお姉ちゃん『のん』と、3歳の弟『びっき』)いるんだけど、2人とも去年から同じ保育所に通ってます。 始めて保育所に行き始めた時には、全く勝手もわからなくって、準備する袋1つとっても っ... 入園入学に向けて、色々な新学期グッズを用意しますよね。 上履きもそんな新学期グッズの一つです。 この上履き、意外と名前を書くのって、難しいものの一つですよね。 上履きって平らな部分があまりありませんし、素材も布なので、滲ん... Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 犬や猫など、ペットを飼っている家庭で赤ちゃんが生まれた場合、アレルギーや衛生面、安全面など、赤ちゃんへの影響が心配になりますよね。 犬を飼っているご家庭に赤ちゃんが来ることになると「赤ちゃんとワンチャンの触れ合い」を想像するだけでほっこりしますよね(#^^#) でも、犬や猫などの動物に対してアレルギーがあるかわからない状態で、赤ちゃんを犬に接触させるのは、少し不安があると思います。, 産まれたばかりの新生児は免疫力なども弱いので「なにか症状がでてしまったら・・・」と考えると心配になります(><) Sうぁ、どのように赤ちゃんとワンチャンを接触させれば良いのでしょうか?, 産まれたばかりの新生児は、お母さんから色々な免疫をもらっているといいます。 しかしやっぱり「雑菌への免疫」は弱く、体も弱いですよね(><), 自宅で犬を飼っていると、どうしても早い段階で赤ちゃんと犬が触れ合う機会がおとずれるとおもいます。 このとき「赤ちゃんと犬がいつからならふれあっても大丈夫!」という明確なものはありません。 ただ、「犬から赤ちゃんにうつる感染症」というものがあることも確かです。, なので少なくとも、生後一か月くらいはあまり接触するのを避けたほうが安心ですね。 産まれたての赤ちゃんとの接触を避けたほうが良いのは、赤ちゃんだけでなく犬にとっても大切なことです。, 赤ちゃんはとっても好奇心が旺盛です。 犬の毛を引っ張ってしまったり、口に手を近づけたりと、犬にとって嫌なことをしてしまうかもしれません(><) それがきっかけとなって、万が一にも反撃してしまったら大変です(><), 赤ちゃんと犬、双方にとっても少し大きくなるまではあまり濃厚な接触は避けたほうが良いかもしれませんね。, 犬を飼っているご家庭の場合「赤ちゃんに犬アレルギーが無いかどうかは早めに知っておきたい!」と思いますよね。 でもこの「赤ちゃんのアレルギー検査」は、いつから行うことが出来るのでしょうか?, 基本的にアレルギー検査は、月齢や年齢の制限はありません。 なので、血液検査や皮膚テストは誰でも受けることが可能なのです。 ただし、検査をおこなう病院によっては1歳以上などの年齢制限がある場合もありますので、かかりつけのお医者さんに相談してみてくださいね!, 犬がいるご家庭で心配される犬アレルギーですが、具体的にはどんな症状があるものなのでしょうか? 犬アレルギーの原因となる主な物質は、犬の, などに多く含まれています。 この物質はホコリなどと一緒に空気中を浮遊していますので、実際に犬と触れ合わなくても症状がでることがあります。, しかし、犬を飼うことでアレルギーの心配がある一方、逆に「犬と一緒に生活することでアレルギーのリスクが低くなる」という研究結果もあるんです。 まだはっきりと成果がでているものではないのではっきりとは言えませんが、新生児期から犬を飼っていた家庭が犬のいない世帯に比べて、, などの結果も報告されています。 もし犬を飼っていることで有効な効果が確認できるのであれば、犬のいるお家にとってはとっても嬉しいことですよね(^^), 犬は赤ちゃんにとっては大切な家族の一員。 赤ちゃんよりも先に家に住んでいた犬にとっては、新しく家にきた赤ちゃんは守るべき大切な存在になることが多いようです(^^), 実際、犬と赤ちゃんの間には、ほっこりするエピソードが沢山あります。 そこで、世界中での心がほっとする「赤ちゃんと犬のあったかエピソード」をご紹介します。, 就寝中だったパパとママのもとに、いつもと違う様子の愛犬がきました。 なにか心配になったママは、別室で寝ていた赤ちゃんの元へ。 なんとその時赤ちゃんは息をしていなかったそうです。, 救急隊員がきて、赤ちゃんは一命をとりとめました。 愛犬が赤ちゃんのことを守ってくれて感動のエピソードです。, 自宅にきた赤ちゃんに興味津々のワンコ。 しばらくすると、「この子は僕がまもらなきゃ!」と使命にかられます。 ママが授乳やおむつ替えの為に赤ちゃんに触ろうとすると、「グルルル~」と威嚇。 守ってくれるのは嬉しいですが、ママも手を出せないのはちょっと困ってしまいますよね(;^_^A, 生後4か月の赤ちゃんにとって、一番の遊び相手はワンコ。 とくに、ふさふさのしっぽが大のお気に入りです。 にぎったり引っ張ったりしても怒らずに赤ちゃんと遊んでくれる、やさしいワンコです(^^), 特別ではない、こういった「ありふれたエピソード」も、実際に目の当たりにすると、とっても心温まる光景ですよね。, 愛犬家にとっては、赤ちゃんと犬の関係性はとっても大切なポイントです。 家族の一員である犬と赤ちゃんが仲良く生活できるように、事前に準備をしておきましょうね!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.

.

入力インジケーター と は 9, トリッカー ツーリング 荷物 26, 既婚者 惚れ させる 14, Uqモバイル Cm うざい 紀香 7, ミサワホーム モデルハウス 抽選 14, しらす バジル ピザ 4, マイクラ 旗 ゆ 4, 欅 丸太 買取 24,