エクセルVBAでSheetオブジェクトのPrintOutメソッドを利用して、Excelのシートを印刷する方法について解説しています。VBAの基礎から応用まで幅広くまとめている初心者向けVBA入門サイト。 印刷ページの余白を設定する方法印刷ページに余白を設定するには、「ページ設定」ダイアログを表すPageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトで「ページ設定」ダイアログボックス内の「余白」タブの設定項目を各プロパティで設定します。P | ヘッダー・フッターの設定 », ページ設定は[ファイル]-[印刷]-[ページ設定]をクリックする、もしくは[ページレイアウト]タブのページ設定区分、右下の矢印をクリックすると現れるウィンドウで設定できます。(以下このウィンドウを「ページ設定」とする), ページ設定の項目はたくさんありますがまずは、アクティブシートを印刷するときによく設定する項目についてのみ自動設定をするマクロを作成します。, よく設定する項目として下記の5点を設定していきます。(1)印刷範囲の設定(2)余白(3)印刷の向き(4)用紙サイズ(5)拡大縮小印刷, (1)印刷範囲の設定手動で印刷範囲を設定する場合は、印刷したい範囲(例としてA1:I100の範囲)を選択した状態で[ページレイアウト]タブ-[印刷範囲]-[印刷範囲の設定]ボタンをクリックします。, ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "A1:I100", VBAでは次のようにします。カッコ内の0.6などの数値をcm単位で指定します。下のコードでは左の余白0.6cm、右0.6cm上1.9cm、下1.9cmヘッダー0.8cm、フッター0.8cmに指定します。, With ActiveSheet.PageSetup    .LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6) '左    .RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6) '右    .TopMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9) '上    .BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9) '下    .HeaderMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8) 'ヘッダー    .FooterMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8) 'フッターEnd With, (3)印刷の向き手動では、ページ設定の[ページ]タブ-[印刷の向き]で設定します。, VBAでは次のコードの1行目で縦向き、2行目で横向きを指定します。どちらか片方のみ使用してください。, ActiveSheet.PageSetup.Orientation = xlPortrait '縦ActiveSheet.PageSetup.Orientation = xlLandscape '横, VBAでは下記のコードの1行目でA4用紙サイズを指定します。2行目がA3サイズ、3行目がB5サイズを指定します。目的の用紙サイズの1行のみ使用してください。, ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA4 'A4ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA3 'A3ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA5 'B5, その他のサイズは下記のMicrosoftサイト内を参照してください。xlpapersize 列挙 (Excel), (5)拡大縮小印刷手動ではページ設定の[ページ]タブ-[拡大縮小印刷]で設定します。, VBAでの方法は、次のよく使う設定3パターンを見ていきます。・シートを1ページに印刷・すべての列を1ページに印刷・拡大縮小率を設定, 'シートを1ページに印刷With ActiveSheet.PageSetup.Zoom = False.FitToPagesWide = 1.FitToPagesTall = 1End With'すべての列を1ページに印刷With ActiveSheet.PageSetup.Zoom = False.FitToPagesWide = 1.FitToPagesTall = FalseEnd With'拡大縮小率を設定ActiveSheet.PageSetup.Zoom = 80, 以上で設定の各要素を見てきましたので、これらをまとめて一括でページ設定をできるようにします。(1)~(5)の必要な部分をコピペして1つのマクロにまとめます。, 設定後PrintCommunicationプロパティをTrueにしてプリンタの設定にも変更を反映させます。これをしないと設定項目を変更するごとにプリンタも設定することになるのでコードの実行時間が長くなります。, Sub macro20200328a()'印刷設定' 印刷範囲 A1:I100' 余白 左右0.6cm 上下1.9cm ヘッダーフッター0.8cm' 用紙向き 縦' 用紙サイズ A4' 拡大縮小 シートを1ページに印刷, Application.PrintCommunication = False    '印刷範囲    ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "A1:I100"    '余白    With ActiveSheet.PageSetup        .LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .TopMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .HeaderMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)        .FooterMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)    End With    '用紙の向き    ActiveSheet.PageSetup.Orientation = xlPortrait '縦    '用紙サイズ    ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA4 'A4, '拡大縮小    'シートを1ページに印刷    With ActiveSheet.PageSetup        .Zoom = False        .FitToPagesWide = 1        .FitToPagesTall = 1    End With        Application.PrintCommunication = True    End Sub, 上記マクロをよく見てみるとActiveSheet.PageSetupの部分が共通していますので、この共通部分はWithステートメントでまとめることができます。まとめると次のコードのようになります。, '印刷設定' 印刷範囲 A1:I100' 余白 左右0.6cm 上下1.9cm ヘッダーフッター0.8cm' 用紙向き 縦' 用紙サイズ A4' 拡大縮小 シートを1ページに印刷, Application.PrintCommunication = False        With ActiveSheet.PageSetup        '印刷範囲        .PrintArea = "A1:I100"                '余白        .LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .TopMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .HeaderMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)        .FooterMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)                '用紙の向き        .Orientation = xlPortrait '縦                '用紙サイズ        .PaperSize = xlPaperA4 'A4                '拡大縮小        'シートを1ページに印刷        .Zoom = False        .FitToPagesWide = 1        .FitToPagesTall = 1            End With        Application.PrintCommunication = True    End Sub, 以上ではアクティブシートに対してのページ設定でしたがActiveSheetの部分をSheets("Sheet1")などとすれば特定のシートに対してページ設定ができます。, 記事のコードは,記事内に実行環境の記載がない場合は(Excel2000, winXP)で実行できたコードですが、動作は保証できませんのご注意ください。. Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? PrtMip プロパティ (Access) Report.PrtMip property (Access) 03/20/2019; この記事の内容. photo credit: Magic Margin via photopin (license), 前回、エクセルVBAでPDF出力する方法と出力の際に1ページに収めて出力する方法についてお伝えしました。, エクセルVBAでは前回も登場したPageSetupオブジェクトを使うことでPDF出力や印刷の際の様々な設定を行うことができます。, 今回は、エクセルVBAで印刷設定をページ中央配置にする方法、また上下左右のマージンを設定する方法についてお伝えしたいと思います。, 前回のおさらいですが、シートを1ページに収めてPDF出力をするプログラムはこちらです。, アクティブシートに対して、5行目~11行目で1ページ内に収める設定をしつつ、13行目で指定したファイル名でPDF出力をしています。, まずその前に、実行のたびに出力されたPDFを開いて結果を確認するのが、ほんの少し面倒なので、印刷プレビューを使いたいと思います。, エクセルVBAで印刷の出力設定をする場合はシートのPageSetupオブジェクトを使います。, WorkSheetオブジェクト.PageSetup.CenterHorizontally = True または False VBAで印刷を操作する方法1【印刷・用紙サイズ・印刷向き】 VBAで印刷を操作する方法1【印刷・用紙サイズ・印刷向き】という事で、VBAで印刷というのもあまりないかもしれませんが、今回はExcel VBAで印刷を操作する方法のお話です。 今回は印刷設定の機能のうち、私がよく使用するプロパティの部分をご紹介します。 私が印刷設定で必要なこと. « ワークブックのパスを取得する | エクセルVBAで印刷時のヘッダー・フッターの設定をする方法と書式コード・VBAコード一覧, 詳解! 【最大450円オフクーポン配布中】Gゼロインソール 22〜28cm 耐圧分散で足の負担を軽減. WorkSheetオブジェクト.PageSetup.BottomMargin = 下余白(pt) | 複数のキーワードを含むセルを検索する », シートの印刷範囲を指定していない状態で印刷プレビューをすると使用している範囲を自動でExcelが認識してくれます。, 使用している範囲を取得するためにUsedRangeプロパティが使えそうですが,図形を使用している場合に印刷範囲の設定がうまくいかなくなる可能性があります。, 理由としてUsedRangeはセルの内容で使っているかいないかを判断するようで,図形がUsedRangeの範囲外にある場合にUsedRangeを印刷範囲に使用すると図形が印刷範囲に入らないからです。, シートの印刷範囲を指定していない状態にするにはPrintAreaプロパティの値を""にします。, 次のコードはアクティブシートの使用している範囲をA4縦向き,1枚の幅にページ設定して印刷プレビューを表示します。, With ActiveSheet.PageSetup        '印刷範囲をクリア        .PrintArea = ""                '余白 cm単位での設定        .LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0.6)        .TopMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(1.9)        .HeaderMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)        .FooterMargin = Application.CentimetersToPoints(0.8)                '用紙の向き        .Orientation = xlPortrait '縦                '用紙サイズ        .PaperSize = xlPaperA4 'A4                '拡大縮小 シートを幅を1ページに合わせ印刷        .Zoom = False        .FitToPagesWide = 1        .FitToPagesTall = 0    End With        Application.PrintCommunication = True    ActiveSheet.PrintPreview    End Sub, 記事のコードは,記事内に実行環境の記載がない場合は(Excel2000, winXP)で実行できたコードですが、動作は保証できませんのご注意ください。. 印刷をvbaを使って行うならば、用紙の向きも一緒にvbaコードを追記することをおススメしますよ。 また、印刷のページ設定をvbaで出来るのは用紙だけではありませんので、一緒に設定したほうが失敗印刷すなくて済みますよ。 私が印刷範囲を設定する際に必要な項目は下記の通りです。 ①印刷範囲の設定; ②改ページ位置の変更(解除と設定) ③上下左右の余白の設定 印刷範囲を自動設定するコード: Sub macro20200426a() '印刷範囲 自動設定 Application.PrintCommunication = False With ActiveSheet.PageSetup '印刷範囲をクリア .PrintArea = "" '余白 cm単位での設定 WorkSheetオブジェクト.PageSetup.HeaderMargin = ヘッダー余白(pt) (5)拡大縮小印刷 手動では ページ設定の[ページ]タブ-[拡大縮小印刷]で設定します。 vbaでの方法は、次のよく使う設定3パターンを見ていきます。 ・シートを1ページに印刷 ・すべての列を1ページに印刷 ・拡大縮小率を設定. サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、, Office VBA のサポートおよびフィードバック, 以前のバージョンのドキュメント. ョンの高さを twip 単位で指定する, Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?. GoogleAppsScript完全入門 ~GoogleApps & G Suiteの最新プログラミングガイド~, VBAやGoogle Apps Scriptのツール開発と研修をセットで依頼される企業が増えている理由. トップページ 下記のコードのようにします。 WorkSheetオブジェクト.PageSetup.CenterVertically = True または False, これはエクセルの「印刷」→「ページ設定」→「余白」タブからページ中央のチェックボックスにチェックを入れた状態と同じです。, 先ほどのプレビューなのですが、上下のマージンをもう少し小さくしてもいいかも知れませんね。, エクセルの余白は上下左右以外にヘッダーとフッターがあり、全部で6箇所設定が可能です。, ヘッダー、フッターはどこを指しているかというと、以下の図のようにヘッター領域(またはフッター領域)までの距離を指定します。, 上、下はそれぞれ印刷用紙の上端、下端からシート内の印刷範囲で設定されているエリアまでの距離となります。, さて、エクセルVBAで印刷出力時の上下左右そしてヘッダーとフッターのマージン設定をする場合はそれぞれ, WorkSheetオブジェクト.PageSetup.TopMargin = 上余白(pt) スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ちょっとの工夫でエクセル作業が飛躍的に早く終わったらいいなあ~と思いませんか? 面倒くさい作業よ!さようなら!. WorkSheetオブジェクト.PageSetup.RightMargin = 右余白(pt) トップページ エクセルで印刷の位置がずれたり、用紙からはみ出たり、必要ないページが印刷されたりして困ったことありませんか?, 特に共有プリンターや複数プリンターが選択できる場合、さらに共有パソコンともなると、よくある日常です。, 余白の設定は、エクセルのワークシートから「ファイル」➡「印刷」➡「ページ設定」➡「余白」の順に進むと設定できますが、VBAを使ってエクセルを管理しているのでついでに設定しておいて損は無いですよ。, いつものようにユーザーフォームに配置したコマンドボタンに余白無し「0」の設定を書いています。, Private Sub CommandButton1_Click()With ActiveSheet.PageSetup.TopMargin = (0).BottomMargin = (0).LeftMargin =(0).RightMargin = (0)End WithEnd Sub, 余白無しの0ならば、ポイント単位だろうがセンチ単位だろうが変わりませんが、余白を少しでも必要ならばポイント単位よりもセンチ単位の方が分かりやすいので、下記のようにApplication.CentimetersToPointsを付け加えればセンチ単位になります。, Private Sub CommandButton1_Click()With ActiveSheet.PageSetup.LeftMargin = Application.CentimetersToPoints(0).RightMargin = Application.CentimetersToPoints(0).TopMargin = Application.CentimetersToPoints(0).BottomMargin = Application.CentimetersToPoints(0)End WithEnd Sub, 印刷のページ設定をVBAで出来るのは用紙だけではありませんので、一緒に設定したほうが失敗印刷すなくて済みますよ。. « 改ページの追加・削除・位置取得 | エクセルで印刷の位置がずれたり、用紙からはみ出たり、必要ないページが印刷されたりして困ったことありませんか?vbaでページ設定の上下左右の余白設定をすれば失敗しませんよ。 印刷ページに余白を設定するには、「ページ設定」ダイアログを表すPageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトで「ページ設定」ダイアログボックス内の「余白」タブの設定項目を各プロパティで設定します。, PageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトを取得するには、Worksheet【ワークシート】オブジェクトやChart【チャート】オブジェクトのPageSetUp 【ページセットアップ】プロパティを使用して取得します。, 「ページ設定」ダイアログを表すPageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトを取得するには、PageSetUp 【ページセットアップ】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.プロパティ 【設定】 オブジェクト.プロパティ = 設定値, 以上で、余白を設定する PageSetUp【ページセットアップ】オブジェクトのプロパティについての 解説を終了します。ありがとうございました。, Worksheet【ワークシート】オブジェクトまたは、Chart【チャート】オブジェクトを指定します。, CentimetersToPoints【センチメーターズトゥポイント】メソッド. エクセルVBAでPageSetupオブジェクトを使って印刷設定をページ中央配置にする方法、また上下左右のマージンを設定する方法についてお伝えします。また印刷プレビューの表示方法も紹介 … WorkSheetオブジェクト.PageSetup.LeftMargin = 左余白(pt) Copyright © 2017-2020 とりっぷぼうる All Rights Reserved. PrtMip プロパティ (Access) Report.PrtMip property (Access) 03/20/2019; この記事の内容. Copyright © 2015-2020 いつも隣にITのお仕事 All Rights Reserved. WorkSheetオブジェクト.PageSetup.FooterMargin = フッター余白(pt), PageSetupオブジェクトへのマージン設定の単位はポイント(pt)ですが、エクセルの「印刷」→「ページ設定」で開くウィンドウで設定する単位はセンチメートル(cm)なのです。, こういう場合は、センチメートルからポイントに単位を変更するCentimetersToPointsメソッドを使います。, エクセルVBAで印刷設定をページ中央配置にする方法と上下左右のマージンを設定する方法についてお伝えしました。, 全部PageSetupオブジェクトで設定できるのでわかりやすいですね。ちょっとプロパティの数は多いですが…, また、PrintPreviewメソッドによるプレビューの表示の仕方についてもお伝えしました。, 本番のプログラムでは使わないと思いますが、デバッグなど開発途中では便利そうですよね。, 次回は、印刷範囲の設定をする方法とクリアする方法についてお伝えできればと思います。, ノンプログラマーがプログラミングスキルを身に着ける支援ををするコミュニティ。セミナー・もくもく会・Facebookグループのサポートで「自らで学び続ける力をつける」支援、「教え合うことで学びの価値を上げる」場の提供をしています。, エクセルVBAではPDF形式での出力もできます。今回は、初心者向けエクセルVBAでPDFを出力する最も簡単なプログラムと、PDF出力の際にシート1ページに収めて出力する方法についてお伝えしていきます。, エクセルVBAでPDF出力や印刷をする際の様々なテクニックをお伝えしています。今回はPageSetupオブジェクトで印刷範囲の設定する方法と印刷範囲のクリアをする方法です。範囲は文字列で指定しますよ。, OutlookのMailItemオブジェクトのDisplayメソッドを使って、VBAで作成したOutlookのメール内容を、メール送信前にチェックする方法をご紹介しています。「VBAでメールを作成するのは便利だけど、内容をチェックしないでメール送信してしまうのは心配...」という方にお勧めです。, 「ノンプログラマーのためのスキルアップ研究会」は、ノンプログラマーがITスキルを学び合うコミュニティです。今回の定例会のテーマは、「ノンプログラマーのためおパワークエリ・パワーピボット入門」でした!, 請求書マクロを題材にエクセルVBAでテーブル操作する方法をお伝えしています。今回は、ListRowsオブジェクトがポイント。テーブルのデータ行についてループ処理を行う方法についてお伝えしていきます。, エクセルVBAでIEスクレイピングをするときに便利なクラスの作り方をお伝えしております。今回は、エクセルVBAでIEを操作するクラスに検索窓の入力&ボタンクリックのメソッドを追加する方法をお伝えします。, 請求データ一覧から請求書を自動で作成するシリーズのVBA講座もいよいよ9回目です!今回はWorksheetのコピーではなく、ファイルをコピーして取引先別の請求書ファイルを作成する方法を解説します。, エクセルVBAでテーブルを活用して請求書を作成するマクロを作成しています。今回は、テーブルと列挙体とを組み合わせることで、可読性やメンテナンス性を上げることができるということについてお伝えしていきますよ。, 当ブログを「応援したい!」「役に立ったよ!」というお気持ちを、コチラからお支払いただくことができます。, マネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧の全件をスプレッドシートに書き出すスクリプト, GASでマネーフォワードクラウド請求書の請求書一覧をスプレッドシートに書き出す方法.

.

生田 斗 真 家, でも 英語 例文, 成人式 お祝い金 親, 保育園 景品 カタログ, 七 つの 大罪 300 感想, ディスガイア お得意様ランク 22, ふしぎ エンドレス 6年 生き物 同士 のつながりは, マラソン 筋トレ 両立, Eset Timemachine 新規バックアップ,