Well, it’s not actually a topic but I have I have had an interest in a eyes that can look at the users and look at what kinds of movies and videos and what kind of entertainment that they like what kind they would like to be recommended? ≫ Audacityで音声ノイズを除去, 音声認識での音声のサンプリングレートの最適値は16000Hzだが、例えば音声データが既に16000Hz以外のサンプリングレートで録音されている場合に音声を16000Hzでリサンプリング(再サンプリング)すると、誤変換が増える(正確な結果が生成されない)ことがある。, (1)~(3)までいろいろとまとめてきたが、最重要なのはやはり「録音(上手に録音すること)」だ。この(3)では録音設定(音質レベルや音声形式)について取り上げたが、データ的な音質を高めても録音状態が悪ければあまり意味がないため、まずは録音環境を整え音声認識に適した音声となるよう状態よく録音することを心掛けたい。, 最後のアプリ編では、過去エントリー「音声認識を使ってテープ起こしを効率的にする、現在の個人的おすすめ(1)」で紹介したアプリについて、現在のサポート状[…], 「なぜクラウド型音声認識サービスは情報漏えいのリスクがあるといえるのか。情報漏えいのリスクについて掘り下げて考えるとともに、クラウドサービスを利用する[…], 「2015年4月14日に発表された「FUJITSU Software LiveTalk」。その特徴からコミュニケーションツールとしてだけでなく、議事録[…], 目次 1. ・IBM Watson Speech to Text(以下IBM) ⾳声認識超⽐較. 録音品質は、録音時の音質レベルや音声形式によっても変わる。 What kind they would like to be recommended? 上ではテキストのみを載せていますが、実際に音声からテキストに変換させる際には、以下のように文章の信頼度も出力してくれます。, 文章を照らしあわせてみると、センテンスのなかで数えられるほどの誤字があるだけで、それ以外は正確に変換できているようです。, 日本語の音声認識が難しい理由としては、日本語がかなり限定された言語というのがひとつで、カタカナや漢字が混在しているのも、大きなハードルになっています。, 英語の書き起こしがこのレベルである一方、日本語というハードルを超えるのは、もう少し時間が必要です。ですが、会話や長文認識、文字起こしが難しくとも、単語や短文レベルならアイデア次第でビジネスに活用できそうです。, 自然言語処理領域はさらに伸びてくると言われているので、技術が追いつくのを待ちましょう。, 今回AIに認識させるのは、3人(田村・高島・山岡)の音声です。各人の声には、それぞれ学習済音声IDが割り振られます。, AIに話者認識させるにはまずAIに音声データを学習させるプロセスがありますが、今回のAPIは数十秒から数分の音声で学習プロセスが終わりました。, もちろん、学習データとは異なるミーティング音声から抽出した音声データを判定させたものです。, なんのことかわからない方もいらっしゃると思いますが、結論からいうと、すべて正解でした!, AIに解析させると、該当の学習済音声IDが割りあてられます。結果をみてみると、それぞれの音声に対して正しい学習済音声IDが割りあてられたので、AIが3人の音声を識別した、ということになります。, ほかにも何人かの音声データを学習させて識別してみましたが、しっかりと認識されていたので、話者識別はかなり実用範囲内かと思います。, Speaker Recognition APIとSpeech to Text APIを組み合わすなら、以下のロジックで議事録自動化を実現できるかと思います。, もちろん、会議のなかで複数人が同時に会話したり、そもそもデータの分割が難しいケースも考えられます。, 議事録自動化を目指したときに、どのように音声データを処理して正確に話者識別、書き起こしをするか、といったことが今後の課題になっていくのではないでしょうか。, ですが、議事録自動化の希望は見えつつも、Speaker Recognition APIに関してはまだ日本語対応されていないのと、日本語音声認識の難しさから、日本語の議事録をAIに任せるというのは現時点では現実的ではなさそうです。, 英語の議事録が実現したあかつきには、AIによる議事録はもはやあたりまえ。残るは、日本語における自然言語処理の向上に注力するのみになりそうですね。, 今回は議事録ベースで話を進めてきましたが、ほかにもセキュリティーとしての音声認証など、いろいろなことができそうです。, AIを活用した音声領域へのアプローチ、今後がさらに楽しみです!Microsoftのサイトでも試せるので、ぜひチェックしてみてください。, >> Microsoft Speech to Text API>> Microsoft Speaker Recognition API, Speech to Text APIはオーディオをテキストへ変換してくれます。マイクからのリアルタイムな音声認識、ファイル形式の音声認識などが可能。日本語にも対応しています。, Speaker Recognition APIは音声から話者を識別してくれます。まずは音声を学習させ、それをもとにAIが話者を判別可能に。対応言語は英語、中国語です。. ⾳声認識ぜんぶ⼊り See our User Agreement and Privacy Policy. 3-1. 2-2. 現在、いくつかの音声認識AIがありますがMicrosoftのAIは音声をテキスト化するのはもちろん、誰が喋っているかも判別してくれます。話者判定とテキスト化どちらもどれくらいの精度なのか、議事録 … Yes, but I don’t actually know about the actual Ais that can do that, but I do have interests in them. Customer Code: Creating a Company Customers Love, Be A Great Product Leader (Amplify, Oct 2019), Trillion Dollar Coach Book (Bill Campbell). 3-4. 2-4. Slideshare uses cookies to improve functionality and performance, and to provide you with relevant advertising. 人が話す言葉を認識する音声認識技術は、第三のユーザインターフェースVUI(Voice User Interface)として、 私たちの身の回りで多く利用され、触れる機会も多くなりました。開発においても手軽に利用が行え、Watsonをはじめ Azure、Googleといった主要なAIサービスから音声認識機能が供されています。本発表では、各社から提供される 音声認識について、機能比較だけではなく、ノイズのある会話シーンや複数話者、子供の発話は?方言は?など、 様々な会話シーンにおける各社の認識精度や得意、不得意、精度向上のコツについてお話します。. 認識率を上げる「録音」について、コツ/ポイントなど。 【(2)目次】 1-2. 人気の音声認識APIトップ10のリストをつくりました。 1.Siri API 2.Speech to Text API 3.Rev.AI API 4.Speech2Topics API 5.Text-to-Speech API 6.SpeechAPI 7.Wit API 8.IBM Watson API 9.Google Speech … 前回の(2)では、音声認識に適した質のよい音声となるよう、録音状態をよくするためのコツやポイントをまとめた。最後に(3)では、音声認識に適した音質レベルや音声形式などについてまとめてみたい。, 【(1)目次】 音声認識に適した音質レベルや音声形式、現在の最適解とは。 Speech containers support both standard and custom speech. 2019/7/3 音声認識を使った文字起こしについて、現状。 ・Microsoft Azure Speech Services(以下Microsoft) As of this date, Scribd will manage your SlideShare account and any content you may have on SlideShare, and Scribd's General Terms of Use and Privacy Policy will apply. 【(3)[その1]目次:本ページはこちら】 2-1. ・そのほかJuliusなど。, ※音質や音声形式に関する基礎知識的なところは、ここでは説明が足りないことから厳密に言うと少し違う/誤解を与えてしまうような書き方になっているところがあるかもしれません。詳しく知りたい方は専門サイトを参照してください。, 録音環境を整えマイクも使って状態よく音声を録音したとしても、録音時の音質レベルが低い場合(低音質での録音)は音質が劣化してしまう。また、MP3などのロッシー圧縮形式で録音した場合は、圧縮時に一部のデータと品質が損なわれてしまう。録音品質は、録音時の音質レベルや音声形式(音声ファイルフォーマット[コンテナ]とコーデック[圧縮のアルゴリズム])によっても変わってくるので気を付けたい。, 基本的には録音した音声データを何に使うのか、音質と録音時間(データサイズ)のどちらを重視するのかを考え、それによって最適なものを選ぶといい。, 音声データの用途が音声認識による文字起こしである場合は、音質の良し悪しがその精度に関わってくるため、音質重視で、高音質での録音、原音をそのまま残せる音声形式での録音を推奨する。, なお、高音質というと例えば音楽CDレベル、ハイレゾと上を目指すと切りがないが、音声認識では高音質といっても、最良の結果を得るのに例えば音楽CDレベルの音質(*1)が求められるわけではない。, また、高音質になるほど音声認識の精度が向上するというわけでもないため、実際は音質レベルが高すぎてもデータサイズが不必要に大きくなるだけといえる。, よって、録音時にどこまで細かく音質レベルなどを設定できるかは使う録音デバイスによるが、音質は重視しつつ録音時間とのバランスを取るなら、次の項目3-3で挙げる音声認識に適した音質レベルなどを参考に、録音設定を検討するといいだろう。, 録音時間を優先したい場合も、低音質での録音は音声認識の精度が低下する可能性があるため、音声認識で良い結果を得たいなら、音声認識で必要とされる音質レベルよりも低くならない録音設定を選択したい。, *1:通常の音楽CDの音質は、音声のサンプリングレート(サンプリング周波数)=44100Hz(44.1kHz)、ビット深度(量子化ビット数)=16bit、ステレオ(チャンネル数=2)で、ビットレート(1秒間に何ビットのデータが転送/処理されるかを示す)は1411200bps=1411.2kbps。, 例えば、サンプリングレート(サンプルレートとも言う、音声データの音質を左右する要素の一つ)を通常の音楽CDレベルの44100Hzから16000Hzに下げると、録音可能時間が長くなる(この画像例の時間はモノラルの場合)。, では、音声データの用途が音声認識による文字起こしで、かつ録音音声の自動文字化で最良の結果を得たいという場合、具体的にはどういう設定での録音が適しているのか。, 音声認識に適した音質レベルや音声形式などを知るため、Googleをはじめとするいくつかの代表的な音声認識APIのドキュメントなどを確認した。各APIでの推奨事項などを交えた詳細については、長くなるので[その2]でまとめたいと思う。, ここでは結論のみを述べると、音声認識では最良の結果を得るために、具体的には音声のサンプリングレート=16000Hzもしくは16000Hz以上、ビット深度=16bit、原音をそのまま残せる音声形式―非圧縮かロスレス圧縮―での録音が推奨される。, ※ここでは基本的に一般的な音声での音声認識の場合を想定しており、電話の音声などは含めて考えていない。, *2:録音環境が悪い場合は特に避けたい。また、MP3などロッシー圧縮形式で録音する場合もビットレートを低くしすぎないように注意したい。, 録音後に音声データに対して何らかのデジタル処理/加工を施すことを「録音後のアプローチ」とし、音声認識で最良の結果を得るために、録音後のアプローチで避けたいことや知っておきたいことなどをまとめる。, 上手に録音できなかったとき、録音後に例えばノイズ除去処理などを行うことで音声の状態をよくしようと思うことがあるかもしれないが、録音後のアプローチによって、全ての情報を活用できる機械(音声認識)にとっては必要な情報まで削られてしまうことで逆に認識精度が低下してしまうことがあるので注意したい。, ※ノイズやノイズ除去について詳しく知りたい場合は次のページが参考になる。 1. 最良の結果を得るために、録音後のアプローチで避けたいこと・知っておきたいこと。, 「AI文字起こし」にAzure AIが追加! 複数の最新AIによる日/英/中の自動文字起こしが可能になりました, 【2018年10月調査・アプリ編】気になる音声認識ソフト/サービス/アプリの現況まとめ, 同時発言も話者を特定した形でテキスト化。気になる「LiveTalk」の機能や特徴を紹介する, 【サービス編2】録音音声の文字化が自動で完了! AIによるテープ起こしサービス「AI起こし」ベータ版が無料公開スタート, Web会議での発話をリアルタイムで文字に書き起こせる便利ツール2選。Zoomなどと併用可能!, 言語数拡大 & 動画にも対応! 簡単・セキュアな音声の自動文字化サービス「AI文字起こし」がバージョンアップ, [Win10更新+α] 音声入力の機能しかなくても録音音声の文字化を無料で簡単に行う方法, 「AI文字起こし」正式商用サービスとして提供開始! Google/Azure/AmiVoiceの3エンジンで文字起こしが可能です, スマートマスク/AIペット型ロボット/AI日本酒/AIボイスレコーダー。現在クラウドファンディング実施中のおすすめプロジェクト4選, 録音音声の自動文字化をできるだけ高精度で行うために、知っておきたいポイント(3)[その1], 低音質での録音の場合、データサイズが抑えられるので長時間の録音が可能になるが、音質が劣化する。, 音質を重視する場合は高音質での録音が推奨されるが、高音質になるほど、また録音時間が長くなるほど、データサイズが大きくなる。, 音声を圧縮することでデータサイズ(ファイルサイズ)を縮小できるが、MP3などのロッシー圧縮形式での録音は、圧縮時に一部のデータと品質が損なわれる。, 音声データを何に使うのか、音質と録音時間(データサイズ)のどちらを重視するのかを考える。, 音質重視の場合や、データの汎用性を重視する場合は、高音質での録音、原音をそのまま残せる音声形式での録音が推奨される。, 音声データの使い道が決まっているのであれば、用途に適した音質レベルや音声形式で録音することで、データを用途に最適化できる。, 音声のサンプリングレートは、16000Hz、もしくは、それ以上にする。ビット深度は、16bitでの録音を推奨。これより低い値だと、音声認識の精度が低下する可能性がある。, できる限りMP3などのロッシー圧縮形式は避ける(*2)。録音時は基本的に非圧縮のWAV(リニアPCM、16bit)の選択がベスト。, データサイズ(ファイルサイズ)を抑えたい場合、音声認識では、基本的にロッシー圧縮ではなく、データの欠損がなく品質を損なわずに音声のサイズを縮小できるロスレス圧縮が推奨される。, 音声認識ということでは、基本的にステレオ録音する必要はなく、モノラルにすることでデータ量は半分になる。ただし、録音チャンネルを基にした話者の識別を行う場合などにおいては、ステレオ録音が推奨される。, ノイズ除去処理、自動利得制御(AGC)の使用、音声のクリッピング(音割れ)に対する修復処理などは避ける。, 特にGoogleの音声認識で録音音声の自動文字化を行う場合、Googleではノイズのある音声を処理するように設計されているため、すべてのノイズ低減処理を無効にすることが推奨されている。, ダウンサンプリング(サンプリングレートを下げる変換)は場合によって有効だが、アップサンプリング(サンプリングレートを上げる変換)は音声データのサイズが大きくなるだけで質的に音声認識の正確度は改善しないため、音声認識の正確度が低下する。, 最良の結果を得るには、音声データが既に16000Hzより低いレートで録音されていてもアップサンプリングは避け、そのままのレートで音声認識させる。, 録音状態の悪い音声、高圧縮された音声、低音質で録音された音声などに対して、音声編集ソフトなどを使って後からビットレートなどを高くしたとしても、実質は元の音声以上に音質がよくなるわけではない。※数値上は高音質でも、質的には必ずしも「高ビットレート=音質がいい」が成り立つわけではない。, MP3などロッシー圧縮形式で保存した段階で情報が失われているため、例えば後から非圧縮のWAVやロスレス圧縮のFLACなどに変換したとしても音声認識の精度はある程度妥協せざるを得ない(一度失った情報は元には戻らない)。, 情報の損失あるいは補間が生じる処理/加工や変換を繰り返すことで品質は(元のデータと比較して)都度劣化していくので注意したい(原音の質とは懸け離れていく)。.

.

ドンキーコング 攻略 スイッチ 4, Thinkpad Setup 画面 5, イラレ Wh 表示 4, Youtube 3d ダウンロード 4, 金魚 石 食べる 14, 北海道 職員 早期退職 4,